訪日外国人観光客がたくさん訪れる京都府嵯峨野の竹林(Chris McGrath/Getty Images)

写真拡大

 日本政府観光局(JNTO)は5月の訪日外客数の動向を発表し、それによると前年同月比21.2%増の229万5千人で5月として過去最高となった。また、韓国人旅行者の伸び率は85%増で訪日外客数全体を牽引した。

「楽天」を「LOTTE」と勘違い? 中国人ファン
新ユニフォームでFCバルセロナを批判

 昨今の世界情勢や競合国との競争激化などを背景に、訪日旅行市場を取り巻く環境は日々変化している。市場別では、インドが単月として過去最高を記録。18市場(韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)が5月として過去最高となった。

 5月に日本を訪れた韓国人旅行者は55万8900人で、去年の同じ期間に比べて85%も増加した。これは、去年4月は熊本地震の影響で日本を訪れる韓国人旅行者が大幅に減っていたことや、5月はウォンに対する円の相場が比較的低かったことが要因として考えられる。

 韓国KBSによると、韓国と中国の間のアメリカの高高度迎撃ミサイルシステム「サード(THAAD)」の韓国配備をめぐる対立の影響で、中国の代わりに日本を旅行先として選ぶ韓国人が増えたことなどが背景にあるのではと報じた。

(編集・岳進)