自身大会9度目の優勝を果たしたロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

ゲリー・ウェバーOP、新鋭ズベレフを2-0で退け、9度目の優勝を飾る

 男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは25日、シングルス決勝で世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)が同12位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-1、6-3で下し、自身大会9度目の優勝を果たした。全英オープンの前哨戦で圧巻の強さを見せたレジェンドは、新鋭ズベレフの曲芸ショットを打ち破る超絶ラリーを披露。ATPは公式Youtubeで動画を公開し、「キングに敬礼」「フェデラーこそテニス」とファンから感嘆の声が上がっている。

 フェデラーは全仏オープンを含むクレーコートシーズンを全休。今季芝初戦となった6月のメルセデス・カップではまさかの初戦敗退を喫したが、ハレではいつもの強さを見せた。次世代を担う逸材を圧倒し、全豪オープン、BNPパリバ・オープン、マイアミ・オープンに続く、今季ツアー4勝目を挙げた。

 なかでも、大きな注目を集めたのがフェデラーの圧巻のテクニックだった。

 第1セットの第3ゲーム、40-40の場面でフェデラーが得意の芝で真骨頂を発揮した。ズベレフの強烈なサーブを敵陣深くに返すと、そこから怒涛の攻めを展開。リターンをバックハンドでストレート方向にはね返し、相手の甘くなった一撃に今度はドロップショットを披露。ズベレフが必死のダッシュで返したが、フェデラーは相手の頭上を射抜く絶妙なロビングボレーをお見舞いする。

 ズベレフも意地を見せ、ベースラインに向かって猛ダッシュするとフェデラーに背中を見せたまま自分の股の間を通す「股抜きショット」で対抗。しかし、フェデラーは動じず、鮮やかな身のこなしで冷静にボレーを沈め、ポイントを奪って見せた。

「信じられない」「フェデラーによる傑作」「フェデラーこそテニス」

 ATPは公式サイトと公式ユーチューブチャンネルで、フェデラーが見せた超絶ラリーの動画を紹介。「ロジャー・フェデラーがハレでの決勝戦でホット・ショットを放ち魅了」と特集している。

 この華麗なテクニックの数々に、テニスファンは大興奮。ユーチューブのコメント欄にはフェデラーの美技を称賛するコメントが相次いだ。

「あれはフェデラーによる傑作だ。完璧なグラスコートでのテニス」

「キングに敬礼」

「フェデラーこそテニス」

「フェデラーはテニス史上最高の選手」

「信じられない! ウィンブルドンも万全だ」

 これまでフェデラーが見せてきた数々のスーパープレーの中でも、トップクラスのインパクトをテニスファンに与えたのは間違いない。

 1セットも落とすことなく今大会を制し、“芝の帝王”たるゆえんを見せつけたフェデラー。7月3日に開幕する全英オープンで、2012年以来8度目の優勝を目指す。