おととい(2017年6月24日)千葉・幕張メッセで行われた、人気アイドル・グループ「欅坂46」の握手会で、発煙筒をたいた男が逮捕された。男はナイフを持っていて、「(メンバーを)刺して殺そうと思った」と自供しているという。人気が高まる一方で、警備をどこまでするかは、難しい問題だ。

銃刀法違反容疑で逮捕されたのは、自称札幌市在住の阿部凌平容疑者(24)。なぜ発煙筒をたいたのかなど、詳細は不明だが、もし発煙筒をたいていなければ、メンバーに接触していた可能性は高い。

阿部容疑者は巧みに、所持品検査の網をくぐり抜けて、凶器を持ち込んでいた。会場では当時、手荷物検査と金属探知機による所持品検査を行っていたが、阿部容疑者は、発煙筒と果物ナイフが入ったバッグを「誰かの忘れ物です」と主催者に届け出て、チェックを経て会場内に入った後、「忘れ物は届いてませんか」と申し出て、バッグを受け取っていた。

しかも、検査もバッグを開けて中を見るだけの簡単なもので、また、金属探知機もおざなりで、参加者も「大丈夫なのかな」「意味ないですね」という程だった。

警備厳重で待ち時間増える

この騒ぎで握手会は中止となり、改めて昨日行われたが、今度は警備を厳重にしたため、ファンは手荷物検査に20分〜30分も待たされることになった。さらに、これまでは両手を見せればよかったのが、ホールドアップのように、両手を上げなければならなくなった。「欅坂46」も、狙われたメンバーも含む6人が欠席した。

小倉智昭「握手会は、タレントさんと近づける唯一の機会で、楽しみにしている人も多いと思うが、主催する側としては、ここまで警備をきつくしてまでやる方がいいんだろうか、考えるよね」

内野泰輔「距離ができてしまうと、本末転倒ですからね」

握手会の事件では、2014年5月に岩手で行われたAKB48の握手会で、当時メンバーだった川栄李奈さんらが、のこぎりを持った男に襲撃され、手の指を骨折するなどの重傷を負った事件が記憶に新しい。その後、この種のイベントでの警備は厳重になったが、今回の警備は甘くなっていたらしい。

小倉「そこまで(ホールドアップ)やらなくてはいけない、というのは、どういうことなんだろうね」