夜市で人気の「クワパオ」

写真拡大

台湾の食と文化の祭典「日本台湾祭り2017」が2017年7月7日から9日までの3日間、上野恩賜公園で開催されます。

過去最大規模の45ブースが出店

今年で3回目となる同イベントには、過去最大規模となる45ブースが出店。ローカルフード「ルーロー飯」や夜市で人気の「クワパオ」など台湾ならではの食が楽しめる飲食ブースや、雑貨や食品などが購入できる販売ブースなどが集まります。

ステージでは原住民の踊りや人形劇などの伝統芸能、人気バンドのパフォーマンスなども行われます。

また、開催が七夕(台湾では恋人の日)に重なることもあり、会場には「縁結び」をテーマに台北市の繁華街「迪化街(てきかがい)」に祀られている縁結びの神様「月下老人」が安置されます。「月下老人」はアジア最強との呼び声も高く、その縁結びのパワーを求めて世界各国の観光客が集まることでも知られています。日本に安置されるこの機会にお参りをしてみては?

開催時間は7日が12時から22時、8日が11時から21時、9日が11時から17時まで。入場料は無料。

詳細は、公式サイトへ。