パク・ソジュンからイ・ヒョヌまで、キーイーストのマネジメント子会社Content Yに移籍…7月より事業開始

写真拡大

キーイースト初のマネジメント子会社Content Y(代表:ヤン・グンファン) が7月1日、正式に事業を始める。

本日(26日) 午前、Content Yの関係者は、来月1日に正式に業務を開始するというニュースとともに「パク・ソジュン、ハン・ジヘ、ホン・スヒョン、イ・ヒョヌ、KARA出身のハラ、イ・ジフンら10人が所属しているキーイーストからContent Yに移籍を決めた」と明らかにした。4月17日に新規法人設立を知らせたContent Yは最近、事業関連の専門人材を迎え入れた。これからはヤン・グンファン代表が会社を率いる。

キーイーストは「キーイーストの子会社設立は、マネジメント事業の持続性及び成長性を確保するための事業戦略の一環だ」とし「今回Content Yの設立を皮切りに、今後も同じ形の子会社への分社が行われる可能性がある」と明かした。

新規に設立されるContent Yのヤン・グンファン代表は、ペ・ヨンジュン、ソン・ヒョンジュ、キム・スヒョンなどが所属するキーイースト(元BOF) の創立メンバーで、2004年BOF(Boundary of Forest) から始め、現在のキーイーストまで13年間マネジメント事業を総括してきたベテランマネージャーだ。

Content Yのヤン・グンファン代表は「長い間、一緒に成長してきた俳優たちと新しい出発をすることになって嬉しいし、心強い。事業の規模よりも、体系的で充実した運営に集中し、所属俳優たちに家族のような心強い存在になれるよう努力する」と明かした。続けて「核心に集中する管理を通じて業界の競争力を強化し、所属俳優らの力量を一段階グレードアップするようベストを尽くす」と抱負を語った。

キーイーストは「所属俳優らとより緊密な関係を維持し、継続的に事業の拡大するため、新規子会社の設立を推進しただけにContent Yのマネジメントシステムが、業界の新しいモデルになれるよう積極的に支援する」と伝えた。

Content Yは、キーイーストから移籍した10人余りの俳優のほかにも、現在映画とドラマで精力的に活動している俳優と才能のある新人俳優を迎え入れる予定で、期待を高める。