宮部みゆき原作「ソロモンの偽証」 韓国ドラマ版を8月よりCS衛星劇場にて日本初放送!

写真拡大

宮部みゆきの同名ベストセラー小説を韓国でドラマ化した「ソロモンの偽証」が、CS衛星劇場で8月から日本初放送される。

「ソロモンの偽証」は、2015年に日本でも映画化され話題を集めたが、韓国ドラマ版は昨年末から今年の1月にかけて全12話で製作され、韓国JTBCで放送された。同級生の転落死の真実を明らかにするために立ち上がった高校生たちを描いた学園ミステリードラマだ。
出演は「星から来たあなた」のキム・ヒョンスや、「未熟な犯罪者」のソ・ヨンジュなどの子役出身俳優や、「シグナル」での演技が高く評価されたソ・ジフンなどの次世代俳優、K-POPガールズグループLABOUMのソルビンなど、フレッシュな面々が勢揃い。そして、「階伯<ケベク>」のチョ・ジェヒョンらベテラン勢が脇を固め、クオリティの高いドラマに仕上がっている。衛星劇場ではこのドラマ版とあわせて、成島出監督が手掛けた映画版「ソロモンの偽証」の前後篇を8月に放送。日韓の映画版とドラマ版をぜひ見比べてほしい。

■放送情報
「ソロモンの偽証」
CS衛星劇場にて、8月より日本初放送
2016年/韓国JTBC/全12話

演出:カン・イルス
脚本:キム・ホス
出演:キム・ヒョンス、ソ・ヨンジュ、ソ・ジフン、シン・セヒ、ペク・チョルミン、ソ・シネ、チョ・ジェヒョン、シン・ウンジョン、アン・ネサン、ソルビン(LABOUM)
(C)JTBC co., Ltd all rights reserved
原作:宮部みゆき「ソロモンの偽証」(新潮社)

【ストーリー】
優等生の学級委員長ソヨン(キム・ヒョンス) は、クラスメイトのソウ(ソ・ヨンジュ) と不良のウヒョク(ペク・チョルミン) が争っているのを目撃。その後、ソウは学校に来なくなってしまう。2週間後、いつもより早く登校したジュニョン(ソ・ジフン) は、泣き顔のジフン(チャン・ドンユン) の姿を見かけるが、気にせず教室へと向かう。その途中、花壇に何かがあることを気づき確認してみると、それは死んだソウだった。警察はソウの死を自殺と結論づけ、学校は急いで追悼式を行なうが、数日後、ソヨンのもとに「ソウは自殺ではなく殺害された」と告発状が送られてくる。ソヨンたちは、ソウの死の真相を明らかにするため、生徒たちだけで校内裁判を開くことにするのだが……。

■関連サイト
ドラマ情報サイト:http://www.eigeki.com/topics?action=detail&topic_id=1779