ファン・ジョンミン&ソン・ジュンギ&ソ・ジソブ主演映画「軍艦島」7月26日の韓国公開を確定

写真拡大

映画「軍艦島」(監督:リュ・スンワン、配給:CJエンターテインメント) が7月26日の韓国公開を確定した。

「軍艦島」は日本統治時代、日本の端島(通称:軍艦島) に強制徴用された後、命をかけて脱出を試みる朝鮮人の物語を描いた映画だ。映画「ベテラン」で1341万人の観客を動員したリュ・スンワン監督と韓国を代表する俳優ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンの共演が加わって2017年最高の期待作として注目を浴びている「軍艦島」がついに公開日を確定した。

本作は軍艦島の隠された歴史をモチーフに、リュ・スンワン監督が新しく作りあげた物語で、生きようとする強い意志で軍艦島から脱出を試みる朝鮮人たちのストーリーを描いており、韓国の国民なら、誰もが重みのある響きとカタルシス(解放感) を感じることができると期待されている。

さらに1945年の軍艦島の3分の2を再現した圧倒的なスケールのセットと小道具まで完成度の高いビジュアルは、まるで実際の軍艦島に来ているような臨場感で一味違う見どころをプレゼントする予定だ。また名優ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンの身を惜しまないアクション演技と真正性のある熱演も本作への没入度を高めると期待される。このように日本統制時代の軍艦島に隠された歴史をベースに重みのある響きを与えるストーリーと大きなスケールの中のリアリティ溢れる見どころ、名前だけでも信頼を与える俳優らの完璧な相乗効果を味わうことができる「軍艦島」は今夏、観客に熱い感動と戦慄を覚えさせる予定だ。