SHINee、タイでのコンサートを最後に5度目のツアーが終了…華やかなパフォーマンスで各国のファンを魅了

写真拡大

SHINeeがバンコクでの公演を最後に5度目のコンサートツアーを盛況のうちに終えた。

SHINeeは昨年9月、ソウル公演を皮切りに、ジャカルタ、横浜、トロント、バンクーバー、ダラス、ロサンゼルス、香港、台北、バンコクなど10都市で14回に渡って5度目のコンサートツアー「SHINee CONSERT“SHINee WORLD V”」を開催し、SHINeeならではの多彩な音楽と魅力で世界中のファンを魅了した。

今回のツアーのフィナーレを飾ったバンコクでのコンサートは、24日午後6時(現地時刻)、タイ・バンコクのThunde Domeで開かれ、約2時間30分間で24曲の完成度の高いステージを披露し、会場を盛り上げた。

特に、今回の公演は2015年9月以降、1年9ヶ月ぶりに開催されたSHINeeのバンコク単独コンサートで、開催前から現地ファンの注目を集め、SHINeeメンバーの素晴らしい歌唱力と華やかなパフォーマンス、特級ステージマナーに出会える幻想的な公演で、名実ともにK-POPのリーダーらしい一面をもう一度確認させてくれた。

この日のステージで「Hitchhiking」で公演のスタートを切ったSHINeeは、デビュー曲「Replay-君は僕のeverything-」をはじめ「Lucifer」「Everybody」「View」「1 of 1」など、さまざまなヒット曲を披露し、テミンのソロ曲「Goodbye」オンユとジョンヒョンのデュエット曲「Please, Don't Go」など、メンバーの個性ふあれるステージも披露し、観客の視線を奪った。

また、ファンは公演を通してペンライトを振りながら大合唱をするなど、情熱的にコンサートを楽しみ、さまざまな韓国語の文章が書かれたプラカードイベントも披露し、SHINeeのメンバーをさらに感動させた。