『亜人』 (C) 2017映画「亜人」製作委員会 (C) 桜井画門/講談社

写真拡大

佐藤健主演、本広克行監督で実写映画化されることが発表されている『亜人』の疾走感溢れるガチアクション予告映像が解禁となった。

佐藤健が殺しても死なない新人類に! 本広監督で『亜人』実写映画化

本作は、講談社の「good!アフタヌーン」誌で2012年に連載がはじまるや、センセーショナルな設定の面白さが話題をかっさらった桜井画門による人気コミックの実写映画版。決して死なない新種の人類・亜人と、それを追う日本国政府の戦いを描いた作品だ。

交通事故でトラックに轢かれ、自身が「亜人」であることを知った主人公・永井圭(佐藤健)は平凡な毎日から一変。国家から利用価値のある研究材料として標的になり、厚生労働省から派遣された戸崎優を筆頭に、さまざまな方面から追われる立場になる。そうした中、逃げ惑う圭の前に現れたのは、最凶の亜人・佐藤だった。国内で初めて発見された亜人にして人類に牙をむくテロリストである佐藤の思想に、圭は己の運命に未来を見据えて対峙するが……。

主人公・永井圭役を佐藤が演じ、対峙する最凶の亜人・佐藤役に綾野剛。厚生労働省から派遣された戸崎優役に玉山鉄二。ほかに、千葉雄大、川栄李奈、浜辺美波らが出演する。

解禁となった予告映像は、病気の妹(浜辺美波)を救うため、医者を目指した永井圭が、交通事故に遭遇したことで、自身が亜人であることに気づく場面からスタート。「あの日、僕は知った。亜人である事を」というテロップが画面いっぱいに表示され、「亜人は命を繰り返す」と続いていく。また後半では最凶の亜人・佐藤と対峙する永井の姿をはじめ、追われながらも戦いを繰り広げていく永井のアクションシーンも披露。疾走感溢れる映像に仕上がっている。

『亜人』は9月30日より全国公開となる。