6月23日(金)、映画『アリーキャット』プレミア上映会がユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行われ、出演する窪塚洋介さん、降谷建志さん、市川由衣さん、品川祐さん、榊英雄監督が登壇しました。



出典:Nosh

『アリーキャット』は窪塚さんとDragon Ashのkjこと降谷さんが初めてタッグを組んだ作品。

野良猫(アリーキャット)のように生きるマル(窪塚さん)が、シングルマザーの冴子(市川さん)をストーカーから守るために、ひょんなことからリリィ(降谷さん)とバディを組むことになるロードムービー。

作品とは運命的な出会いだったと語る窪塚さんは「2年前に知人の結婚式の会場で建志くんと同じテーブルだったんです。『初対面ですよね?』っていう(のが信じられない)くらい、昔からの連れみたいな感じになっていました。2週間後くらいにたまたまオファーいただいたんで、やるしかねえ、と」と、当時の様子を語ります。

ヒロインを務めた市川さんは、「台本をいただいたとき、おふたりの名前を聞いていたので、本当にカリスマ的存在なので、ワクワクしかなかったです」とニコニコの表情で語ると、降谷さんが「俺だけ、チューしてないからね」と、ややネタバレ(!?)発言!

窪塚さんが即、「まだ観ていないから!」と突っ込むと降谷さんは「やばい」といった様子で口を両手でふさぎますが、品川さんと監督に「そこの新人俳優!」とさらに突っ込まれ、大きな笑顔を見せます。

さらに、品川さんは降谷さんについて、「超気さくなんだけど、ちょいちょいDragon Ashが漏れるときがあって、現場でも『Dragon Ash すんなよ』って言ってました(笑)」とバラすと、降谷さんも大笑い。

窪塚さんは、そんな降谷さんのピュアさや情熱にかなり火をつけられたと話し、「本当に現場で建志くんへの突っ込みがはんぱじゃなかった! 建志くんはフルオープンハートでいてくれた」と人柄を絶賛し、終始ふたりは楽し気にイチャイチャ(?)していました。

『アリーキャット』は7月15日よりテアトル新宿ほか全国ロードショーです!

【関連記事】

※ 元SKE48松井玲奈、「結婚宣言しちゃう!?」の悪ノリに…

※ 長瀬智也主演「ごめん、愛してる」主題歌は宇多田ヒカルの新曲に決定

※ 座右の銘は「成り上がる」!貪欲な若手イケメン俳優・竜星涼とは

※ 伊藤英明が告白「やめようと思った」野村周平のイジリも炸裂!

※ 本物・藤原竜也が自称・藤原竜也と対峙!?