マナー意識のない中国人が住んでいるため、日本の団地内の公園ではごみのポイ捨てやタン吐きが横行しているという。写真は中国人観光客。

写真拡大

2017年6月24日、中国台湾網は、中国人観光客が街を汚すため、日本では「中国人は出ていけ」との声が聞かれると伝えた。

埼玉県のある公営団地は住民の過半数が中国人だとして知られている。台湾・東森新聞はある日本人ネットユーザーの投稿を紹介。マナー意識のない中国人が住んでいるため、団地内の公園ではごみのポイ捨てやタン吐きが横行し、さらにはトイレではない場所で大小便をする人が多く、大混乱に陥っているという。

こうした状況に近隣の日本人住民の間では怒りが広がり、「中国人は出ていけ」との声まで上がっているという。中国では日本というとともかく美しく清潔だというイメージが強いが、この団地ではまったく別の光景が広がっているようだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)