@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

新型ヴァンテージ、DB11のボディで開発中

アストン マーティンが、次世代型のヴァンテージをテストしている。

外観は、写真の通り、DB11のボディを縮めたボディワークだが、中身は次世代型ヴァンテージだ。


つまりDB11よりも短くカットしたボンデッド・アルミニウム・アーキテクチャが採用されており、サスペンションも新しいヴァンテージ用のものが搭載されている。

これにより、軽量化とねじれ剛性の向上が予想され、新型は俊敏性と加速性能がアップすると考えられる。
 

アンヴェールは今年後半 AMG V8のサウンドは?

既報の通りAUTOCARでは、これに先駆けて、グリーンヘルを駆け抜ける開発車両をスパイムービーで捉えている。

映像で聞こえてくるのは、AMG製4.0ℓV8ツインターボのサウンドで、予想最高出力は、通常のヴァンテージが500ps、そしてヴァンテージSが550psになると思われる。

このユニットは、2つのブランドの技術提携によってもたらされるもので、制御プログラムなどのソフトウェア面はアストン マーティンの自社製だ。

またDB11のV8モデルにも、このエンジンが搭載される見込みである。

リリース時期に関してアストン マーティンは明らかにしていないが、今年後半にパブリック・デビューを果たし、来年から生産すると思われる。