「SHOW ME THE MONEY」出演ONE、YGから7月11日にソロデビュー決定!

写真拡大

「SHOW ME THE MONEY」シーズン4と5に出演したラッパーONEがYG ENTERTAINMENTに移籍後、ソロに転向し、YGから下半期にカムバックする最初のアーティストになった。

YGは本日(26日)、公式ブログを通じて、7月11日にONEがデビューすると知らせると共に最初の予告イメージを公開した。

柔らかい黒髪をなびかせ、イヤホンをしているONEの横顔が写った今回の予告イメージは、まるで少女漫画の主人公の実写版のようで目をひく。

2015年1月、デュオ1PUNCHとしてデビューしたONEは、2015年下半期にYGに移籍した後、2年半越しでソロデビューすることになった。

イケメンで目立っていたONEは「SHOW ME THE MONEY 4」と「SHOW ME THE MONEY 5」に続いて出演し、多数のラッパーたちと交流しながら様々な魅力をアピールした。YG ENTERTAINMENTに移籍した後、2年間ソロデビューに向け準備してきた。

ONEを直接迎え入れたヤン・ヒョンソク代表は2年間、ONEの作詞、作曲の能力を引き出すことに力を入れた。また「1PUNCH」と「SHOW ME THE MONEY」で見せてこなかったONE本来の魅力と特色を探そうと努力し、その結果がついに7月11日に初めて公開される。

果たしてYGで2年間準備したONEはどのように、どれほど変わったのだろうか。

YGは「これまでのONEのイメージを考えれば、新曲の方向を予想することは難しいと思う。みんなの予想が外れる音楽になると思う」とコメントし、期待を高めている。

YGは、今年上半期だけで楽童ミュージシャン、Sechs Kies、WINNER、PSY(サイ)、BIGBANGのG-DRAGON、BLACK PINKまで大型ミュージシャンが活動し、音楽ランキングを総なめにしただけに、YGが下半期初めて活動を再開するアーティストとしてONEを選んだのはそれだけONEへの期待が高いことを意味する。

YGは本日から7月11日までの約2週間、多数の予告イメージを順次公開する予定だと発表し、ONEのソロデビューの準備に万全を期しているとみられる。