【詳細】他の写真はこちら

台所に置いてあったら完全に混乱するレベル。

プリンストンが2017年6月30日に発売する、木目調の天然素材を天板に使用したペンタブレットがこちらの『WoodPad』。いかにもパソコン周辺機器といった趣のデザインが多いペンタブレットにあって、インテリアやこだわりのデスク周りと調和してくれそうなナチュラルさが魅力です。

よく見るとなんだかまな板っぽいような気がしちゃうのは、まあちょっとしたご愛嬌ということで。



タブレットとしての描画読取範囲は7.5インチで、2048レベルの筆圧検知に対応。単に素材感が良いというだけでなく、ペンタブレットとしての機能面は同クラスの他モデルと比べても特に遜色はなさそうです。



専用ペンは「ダブルクリック」や「右クリック」を割り当てられる2つのサイドボタンを備えながらも電源不要。バッテリーを内蔵しないおかげで質量約13gという軽さを実現し、長時間の作業でも疲れにくくなっています。タブレット本体もUSBバスパワーで動作するため、配線はPCと接続するUSBケーブル1本だけ。机の上がすっきりするのは作業効率にもプラスに作用してくれそうですね。



対応OSはWindows 10、Windows 8.1、Windows 7 SP1、そしてmac OS X 10.9以降。ペンタブレット本体と専用ペンに加え、150cmのUSBケーブルと替え芯3本、替え芯リムーバーが付属。価格はオープンプライスですが、プリンストンのオンラインストアやAmazon.co.jpでの実勢価格は税込6458円となっています。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



WoodPad PTB-WPD7 グラフィックペンタブレット(株式会社プリンストン)