By Cairo

Googleは2017年6月23日、同社が提供している無料メールサービス「Gmail」で実施していた各ユーザーのメールの中身スキャンを終了する方針を発表しました。このスキャンはユーザーのプライバシーに関する問題があるとしてさまざまな議論や訴訟が起きていたものです。

As G Suite Gains Traction in the Enterprise, G Suite’s Gmail and Consumer Gmail to More Closely Align

https://blog.google/products/gmail/g-suite-gains-traction-in-the-enterprise-g-suites-gmail-and-consumer-gmail-to-more-closely-align/

Googleが提供しているGmailには、多くの人が利用している無料版のGmailと、企業向けに提供されている有償のビジネススイート「G Suite」に含まれるGmailの2種類が存在しています。すでに、G Suite版Gmailではメール中身のスキャンは実施されておらず、メールボックスで広告が表示されることもありませんでしたが、今回Googleは無料版Gmailでも同様にスキャンを停止すると6月23日に公開されたブログで明らかにしています。

GoogleではGmailの利用規約に基づき、Gmailを使って送受信されるメールの中身を「のぞき見る」ことで、ユーザーに応じた広告をメールボックスの上部に表示させるマーケティング手法を取り入れてきました。

Google 利用規約 - ポリシーと規約 - Google

Google の自動化されたシステムはユーザーのコンテンツ(メールを含む)を分析して、関連性の高い機能をユーザーに個別に提供します。このような機能には、カスタマイズされた検索結果、カスタマイズされた広告、スパムとマルウェアの検出などがあります。この分析はコンテンツが送信、受信、および保存されたときに発生します。


このスキャンはコンピュータープログラムによって実施されるとしてGoogleは問題がないと主張してきましたが、どのような方法であれメールの中身を見ることはプライバシーの侵害につながるとして懸念する声が挙がっており、訴訟も行われてきました。

GoogleはGmailの中身を読むことはビジネスとして当然の行為であると裁判で主張 - GIGAZINE



今回の措置によりメールのスキャンは停止されますが、その後は各ユーザーのネット検索履歴やYouTubeの動画閲覧履歴などをもとにした広告が継続して表示されるとのこと。つまり、Gmailの広告にもGoogleが他のサービスで用いている広告のパーソナライズ手法と同じ方法が取られることになります。この変更は2017年後半に実施されると発表されています。