『グレイズ・アナトミー13』

写真拡大

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)のシーズン14で、以前出演していたあの女性医師が戻ってくることが明らかになった。米Deadlineなどが報じている。

(※この記事は、『グレイズ・アナトミー』シーズン14のネタバレを含みますのでご注意ください)

復帰するのは、シーズン6から8でレギューラーとして出演していたキム・レイヴァー演じるテディ・アルトマン医師。テディは、長年の夢であった陸軍衛生司令部から仕事のオファーを受けていたが、それを断りシアトル・グレースに残ろうとしていた。それを知ったケヴィン・マクキッド演じるオーウェン・ハント医師が、陸軍の仕事を引き受けさせるためにわざと解雇し、そのため惜しまれつつテディはシーズン8で同作を去っていた。

同エピソードはシーズン8の最終話で、クリエイターであるションダ・ライムズによる脚本。キムは『グレアナ』降板後、『レボリューション』や『BONES』などにゲスト出演している。彼女が演じるテディ医師がどのように戻ってくるかなどの詳細は、まだ明らかになっていない。

また以前お伝えしたように、『グレアナ』シーズン14では、新たなスピンオフドラマのキャラクターもお目見えする予定。このタイトル未定の新ドラマは、シアトルの消防署が舞台で、男女の勇敢な消防士たちが、新入りから上役まで、勤務中もオフの時でも命をかけて業務に従事する姿を描いたストーリーとなる。

『グレイズ・アナトミー』シーズン13は、WOWOWプライムにて放送中。(海外ドラマNAVI)