24日、中国のポータルサイト・今日頭条が、なぜ中国には日本メーカーのようなトランスミッションが造れないのかについて分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年 6月24日、中国のポータルサイト・今日頭条に、なぜ中国には日本メーカーのようなトランスミッションが造れないのかについて分析する記事が掲載された。

記事は、最近いくつかの中国メーカーでトランスミッションの不具合のため、新車の販売時期が遅れるという事態が発生したことを紹介。中国国内のメ―カーには独自にトランスミッションを研究開発する実力がまだなく、日本のアイシン、ドイツのZFとゲトラグだけがその能力を持っているとした。

そのため、多くの自動車メーカーがこれらの自動車部品メーカーからの供給を受けており、上記の3メーカーでほぼ独占状態だという。中国でもトランスミッションの研究開発は行われており、デュアルクラッチトランスミッション(DCT)や無段変速機(CVT)は製造できるものの、オートマチックトランスミッション(AT)は製造できないのだという。

その理由について記事は、1つに「設備的な制限」があると分析。トランスミッションは高い技術と精度が求められるが、国内で生産する部品の精度は低いため信頼性の高いトランスミッションの製造が難しいと指摘した。

もう1つの理由は「材料が基準に達しないこと」だ。ATは原材料に対する要求が高く、中国の鉄鋼精製技術は日本やドイツと比べると劣るため、製造するのが難しいという。

それで、トランスミッションそのものを造ることは難しくないものの、レベルが高くて耐久性のあるものは、現在の中国の技術では難しいと結んだ。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国の技術で一番遅れているのはマンホールのふただと思う。道路より数センチ高いか低いのどちらかだ」とのコメントがあったが、確かに中国のマンホールは日本と異なりでこぼこしている。

また、「こういうものが作れなくても気にするな。高級酒と高級たばこと異様に高い不動産さえあればいい」と、皮肉を込めた意見もあった。(翻訳・編集/山中)