今秋発表とされるiPhone 8のデザインはほぼ決まったようです。これまでにもリーク情報を報じてきた人物も含め、公開された複数のiPhone 8はデザインが共通しています。

縁が薄い画面・縦型iSightカメラ・ホームボタン廃止

これまでにも未確認のiPhone 8の情報を報じてきた@VenyaGeskin1は、以下の動画・写真を『Twitter』に投稿しています。

原寸大模型と画面保護ガラス、iPhone 8の画面に合わせて印刷した写真を組み合わせ、iPhone 8を持ったときの様子をシミュレートしたものです。

FaceTimeカメラやセンサーなどが画面側に出っ張っていることが分かります。

さらに、スマートフォンに関する正確なリーク情報を伝えることで定評のある@OnLeaksも、Twitterに以下の写真を投稿しました。

ただし、これが原寸大の模型であるか否か、そもそもiPhone 8であるか否かにも言及していません。

画面にはやはりFaceTimeカメラやセンサーが出っ張っていて、Touch IDセンサーやホームボタンが見当たりません。@VenyaGeskin1が以前から主張している通り、背面のiSightカメラはレンズが2つあり、縦に長いです。背面にもTouch IDセンサーはありません。

@OnLeaksはさらに写真を公開すると予告していますが、これらがiPhone 8の写真なのかは不明です。

Touch IDセンサーは画面に内蔵か

iPhone 8はホームボタンを廃止し、AssistiveTouchのように画面上に表示される仮想ホームボタンに切り替わる、とかねてから噂されていました。

ただ、指紋を読み取るTouch IDセンサーの位置は情報が錯綜していて、背面のAppleロゴの下に搭載されるという噂、画面に内蔵されるという噂、そもそも廃止されるという噂もありました。

背面にTouch IDセンサーを搭載したiPhone 8もすでに出回っていることから、何らかの情報を元に@OnLeaksは、背面にTouch IDセンサーがないiPhone 8の方が正確だと判断して写真を公開したものと考えられます。

参考

@OnLeaks - Twitter@VenyaGeskin1 - Twitter