定番ベージュシャドウをもっとかわいく活用するテク 選び方や使い方のコツ

写真拡大 (全8枚)

かわいい色味のアイシャドウがたくさん発売されるこれからのシーズン。カラフルなアイシャドウに目がいきがちですが、ベージュ系のアイシャドウを上手く使えるようになると、品のあるかわいさを出すことができます♡


今回は、定番人気のベージュ系シャドウの使い方と選び方についてご紹介します。

ベースにはハイライトカラーを取り入れてツヤ感を♡



まぶた全体にのせるアイシャドウベースには、ハイライトカラーを活用するのがおすすめ。
ベージュ系のアイシャドウを使ってメイクをする時は、どんなイメージでメイクをするかしっかり考えてから塗ることが大切です。選ぶアイシャドウのタイプによって、メイクの雰囲気が変わりますよ。

ナチュラルメイクにおすすめ♡
ナチュラルに仕上げたいなら、マットなものやラメが繊細なアイシャドウを選ぶのがおすすめ。ツヤっぽく仕上がるようなアイシャドウをチョイスすれば一気に目元が上品になります♡


今回選んだのは、「Visse AVANT シングルアイカラー 002 FAITHFUL」。まぶた自体をキレイに見せてくれ、ツヤや立体感が出るので、アイメイクを引き立ててくれますよ。

チップより、ブラシでつけてあげるとよりナチュラルな仕上がりに♡

華やかメイクにおすすめ♡
パーティーなどの華やかなシーンなら、ラメ感があえて出るようなアイシャドウを選びましょう! 


こちらは、「マジョリカマジョルカ ジュエリングアイズ GD886」というアイシャドウパレットのハイライトカラーの部分を使いました。

しっかりと発色するように、チップで塗るのがおすすめです。

ハイライトカラーで全体を華やかに仕上げることで、目元の印象が全然違ってきます。色があまり主張しないからといって気を抜かず、丁寧に仕上げてあげることで、アイメイクの仕上がりに差をつけることができます!


マジョリカ マジョルカ ジュエリングアイズ GD886 4g / ¥1296 / 動くたび宝石のように多彩な光を放つ輝き多面体アイシャドー。

仕上げのベージュでグラデアイも楽々完成♡


いつも使っているブラウン系のアイシャドウ。中間色と締め色を塗って、おわり! って時に一手間加えてあげるとこなれ感が出ます。


中間色、締め色の間をきれいに見せるには、最後にベージュのシャドウをブラシでさっと撫でて仕上げてあげると、きれいなグラデーションができあがります。

色と色の間をぼかすように、うすーく最後に一層重ねることで、キレイなブラウンシャドウのグラデーションに♡



いかがでしたでしょうか?
ナチュラルメイクをキレイに仕上げるには、繊細な部分をしっかり仕上げていくことが大切です。みなさんもぜひ試してみてください♡
(市川紗千子)