【詳細】他の写真はこちら

これ一つあれば、なにが起きても大丈夫?

世の中には大容量を謳うモバイルバッテリーは多いけれど、コンセント(AC出力)にまで対応しているものは少ないですよね。でも、2017年7月1日にリンクスインターナショナルが発売するモバイルバッテリー『enerpad AC-54K』は、5万3600mAhの超大容量でAC出力にも対応しながら、十分持ち運べるサイズを実現しているんですよ。希望小売価格は3万4800円(税込)となっています。

スマホから家電まで、どんとこい!





出力ポートは、USB Type-A☓2、USB Type-C☓1、そしてコンセント(AC出力)☓2を搭載。USB Type-Aは最大5V/3.4A出力、USB Type-Cは最大5V/3.1A出力に対応しています。AC出力は、最大250Wで連続出力が200W。ただし電圧が120Vとなるため、接続する機器には注意が必要です。ユニバーサルタイプ(100V〜240V対応)であれば電圧的には問題ないでしょう。また、出力電流が約1.66Aとなるので、給電できる機器は限られそうです。

ちなみに『enerpad AC-54K』は、充電しながらの給電も可能となっているため、UPS(無停電電源装置)のような運用も可能です。バッテリーの充電時間はACアダプタを利用して満充電まで約7〜8時間とのこと。

わかりやすい残量表示





本体上面には7セグのLEDインジケーターを搭載し、チェックボタンを押せば電池残量がパーセントで表示されます。多くのモバイルバッテリーは4〜5段階でしか残量を表示できないものが多いですが、こちらはより正確に電池残量を把握できます。

その気になれば持ち運べるサイズ





5万3600mAhのバッテリー容量にAC出力と、非常に頼れる『enerpad AC-54K』。本体サイズは幅222☓奥行き161☓厚さ50mmと、さすがにポケットへ入れることは難しいですが、カバンなどには十分収納できる大きさです。本体重量は1.4kgなので持ち運びもなんとか……できるでしょう。

文/塚本直樹

関連サイト



『enerpad AC-54K』製品ページ

『enerpad AC-54K』プレスリリース