新店舗「Artisan de la TRUFFE Paris」のイメージ(スティルフーズの発表資料より)

写真拡大

 スティルフーズは、7月14日、フランス発祥のトリュフ専門店「Artisan de la TRUFFE Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)」を、東京ミッドタウン・ガーデンテラス1階にオープンする。日本初出店で、旗艦店となる。

【こちらも】ベルギー発ベーカリー「ル・パン・コティディアン」東京ミッドタウンに新店舗

 キャビアやフォワグラと共に世界三大珍味と言われ、高級レストランでしか本物にお目にかかることのないトリュフだが、フランス本国とマスターライセンス契約を結んでいるため、リーズナブルな価格設定になっている。

 Artisan de la TRUFFE Parisは、パリでも指折りの観光名所「ベー・アッシュ・ヴェー (BHV)」に本店がある。日本の旗艦店では、パリの本店で使われているトリュフと同様に、出来得る限りオーガニックで高品質なトリュフが提供される。店で使われる黒トリュフは、南フランスのプロヴァンス地方で、ぶどうやオリーブの木と一緒にオークの木を使って栽培されている。白トリュフは、イタリアのアルバ産のものが使われる。

 メニューは、ゆり根とトリュフのハーモニーを楽しめる「佐藤シェフ厳選和牛のロティ 季節の野菜とゆり根、ソースペリゴール」など、日本限定のものもいくつか登場する。気軽に楽しめるランチやデザートセットも用意。パンは、ベルギーで生まれたベーカリー・レストランル・パン・コティディアンのオーガニックパンが提供される。ワインは、「黒いダイヤモンド」と称賛されるトリュフに合わせてセレクトされている。

 料理だけでなく持ち帰りのできるトリュフパスタやトリュフオイル、トリュフ塩やトリュフトマトソースなどの商品も多彩に揃っており魅力的だ。

 メインシェフは、佐藤茂樹氏。フレンチの名店「HOTEL DE MIKUNI(オテル・ドゥ・ミクニ)」本店に10年間在籍した後に渡仏。帰国後は、「マンダリン オリエンタル 東京」のフレンチ「シグネチャー」で腕をふるい、今回「Artisan de la TRUFFE Paris」のメインシェフとして抜擢された。

 店内は木を基調としており、インテリアもフランス本店同様、木をふんだん使用。温もりあふれる中にもモダンな空気も感じられるように演出している。席はカウンター席とテーブル席が用意されており、カウンター席からは、料理人が調理する様子が見て取れる。また、テラス席は、東京ミッドタウンの中でも広々とした、ゆとりのあるスペースで、四季折々の景色を愛でながら、トリュフ料理に舌鼓を打てる。

 トリュフを使った料理の専門店は国内では珍しく、かつ本格的なトリュフ料理を気軽に楽しめるのも新鮮な「Artisan de la TRUFFE Paris」。一流店での経験が豊富な佐藤茂樹シェフの手で磨き上げられた「黒いダイヤモンド」に期待が膨らむ。