アウトドア仕様のコンデジ 4K動画も撮れるニコンCOOLPIX W300

写真拡大

 インスタグラムなどSNSも画像中心になってきている。これからは夏に向かってアウトドアシーズン、アウトドアでもがっちり使えるカメラが欲しくなる。

 ニコンが6月30日に発売するCOOLPIX W300(店頭予想価格4万5,000円前後)は、水や衝撃に強いアウトドアモデル。一見、ふつうのデジカメでこのタイプにありがちなゴツゴツ感がないけれど、水深30mまで特別なハウジングなしでOKの防水性、2.4mの高さから落としても心配なしの耐衝撃性、マイナス10℃まで耐える耐寒性やもちろんホコリに負けない防塵性など、かなりのハードユースにも耐えらそうだ。

 レンズは広角24mmから望遠120mm相当(35mm換算)で、一般的な使い方をフルカバー。1605万画素の裏面照射CMOSセンサーで、暗いところでも綺麗に写す仕組みになっていて、高機能な手ブレ補正、明暗が激しく変わる場所でも見やすく写せるAEロックなどが、さらに美しい撮影をアシストする。さらに4K UHD動画撮影ができるのも二重丸。大自然の景色も格段にキメ細かく美しい画像が残せるだろう。サイズは幅111.5×高さ66×奥行29mm、重さは231g。