どんなに自分が「好き」という気持ちを伝えていても、彼氏にずっと好きでいてもらうにはそれだけではダメ。むしろ気持ちを押し付けるだけでは、うんざりされてしまうこともあるのです。彼からずっと愛される彼女になるために、今日からでも実践できることをご紹介します。

1. 感謝の気持ちを忘れない!



長く一緒にいると、“してもらって当たり前”が増えていくもの。その“当たり前”が増えれば増えるほど、きちんと感謝の気持ちを伝えなければなりません。なぜなら彼氏からすると、感謝されないのに彼女のために何かしている自分がバカバカしくなってくるから。親子間に無償の愛はあっても、恋人同士は違います。「これをする代わりに何かしてもらいたい」という代償を求める人は少ないですが、せめて感謝の言葉や気持ちは受け取りたいものなのです。

「ありがとう」は絶対に必要
自分の場合に置き換えても、きっとそうではないでしょうか。彼氏のために料理をしてあげる、彼の誕生日プレゼントを買ってあげる……いくら尽くすことが好きでも、一切の感謝をされずに“してもらって当たり前”のような態度をされたらどうでしょう。そう気がついた時、きっと虚しくなってしまうはずですよね。どんな些細なことでも「ありがとう」と言える彼女でありたいものです。

2. 彼の生活を尊重する


いくら恋人同士だとしても、お互いにそれぞれの生活があります。特に男子には、男同士の付き合いもあり、彼女以外を優先しなければいけないことも多いでしょう。それにもかかわらず、彼に対して「自分のことを最優先で考えて欲しい」と要求するのは、彼から窮屈に思われてしまうことも。プライベートな行動を制限したり、常に監視状態におくなどの“束縛”は、そのうちうんざりされてしまう可能性が高いのです。

浮気の心配はしすぎない!
どんなにあなたのことが好きでも、たまにはハメを外したい時や、男同士で遊びたい時、一人になりたい時もきっとあるでしょう。浮気の心配をしすぎて、彼を苦しめる彼女にはならないようにしてくださいね。「浮気だけはするなよ!」と言ってドンと構えておくくらいが、彼も悪さはできないものですよ。

3. 同じことで喧嘩は繰り返さない



カップルにケンカはつきもの。ですが、毎回毎回同じことでケンカをしている……なんて人も多いのではないでしょうか。折り合いがつかないことは、違う人と人なのであって当然です。しかし、いつも同じことで衝突し、それにエネルギーを使うのは疲れる……。いくら相手のことが好きでも、そういう理由で別れを選ぶ人も少なくはないのです。

ケンカになったら問題解決に努めて
ケンカになってしまっても、そういう気まずい空気に耐え切れず、なんとなくどちらともなく折れて終わる。それでは問題解決になりません。なぜ衝突してしまったのか、折衷案はないのかなど、同じことでケンカを繰り返さないよう二人できちんと話し合えるようにしたいですね!

4. 金銭的負担を与えない


彼に金銭的な負担を与えないこと。それも「長く愛される彼女」になる秘訣です。金銭的負担というのは、彼が「キツイな……」と思うくらいの負担。人それぞれ立場や収入が違うので一概には言えませんが、彼が財布を気にするようなことがあれば、「割り勘にしよう」などの心遣いができる彼女でありたいですね。

プライドは考慮して!
とはいえ、男にはプライドというものがあります。「男は払ってナンボ」というような、古風な彼であれば割り勘の提案は逆効果。彼の性質を加味して、あなたとのデートを毎回“楽しみ”と思ってもらえるようにしましょう。

5. 小さなサプライズをする



長く一緒にいると、付き合いがマンネリ化してしまうことも多いでしょう。同じことを繰り返していくと慣れてしまい、ドキドキを感じにくくなってしまうのです。そんなマンネリを防ぐためには、小さなサプライズが効果的。誕生日などの記念日にサプライズをするだけでなく、なんでもない日常でもプレゼントをするなど、彼があっと驚くことをしてみましょう。

やりすぎは厳禁!
サプライズは、たまにだからいいものです。やりすぎてしまえば、それが“当たり前”になっていきマンネリの原因になってしまうでしょう。また「サプライズのプレゼント合戦」になっているカップルをよく見ます。
相手の喜ぶ顔が見たいという気持ちはいいのですが、プレゼントをされると返さなきゃいけない……と、逆に相手への負担になるようなプレゼントは避けた方が良さそうですね。

「好き」という気持ちを一方的に伝えるだけでは、長く愛される彼女にはなれません。彼氏とずっと一緒にいたいのなら、小さなことこそ大切にできる女子でいましょうね♡
(彩香)