フランクフルトへ移籍する鎌田大地【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 ドイツ・ブンデスリーガ1部のフランクフルトは25日、サガン鳥栖に所属するMF鎌田大地を獲得することが合意に達したと発表した。

 鳥栖側からは24日に、フランクフルトへの完全移籍がクラブ間で基本合意に達したことが発表されていた。フランクフルト側からは1日遅れての正式発表となった。

 鎌田は25日にJ1第16節の浦和レッズ戦に出場し、1アシストを記録して2-1の勝利に貢献。この試合が移籍前のラストマッチとなった。今後ドイツへ渡ってメディカルチェックを受け、正式にフランクフルト加入が決まる運びとなる。

「クラブとも選手とも合意に達した。今後数日で移籍完了を報告できることを願っている」とフレディ・ボビッチSD(スポーツディレクター)によるコメントが伝えられている。

 独紙『ビルト』が報じていたところによれば、フランクフルトは鎌田の移籍金として250万ユーロ(約3億1000万円)を支払うという。

text by 編集部