【詳細】他の写真はこちら

m-flo ☆Takuのare you Apple holic ?



音楽界きってのガジェットマニアと称される☆Taku Takahashiが、アップルの話題をディープに語る連載。今回はひさしぶりの新製品ニュースについて、ミュージシャン視点で語ります。

m-flo ☆Takuのare you Apple holic ? 記事一覧ページ

2017年6月6日の『WWDC 2017』で発表されたアップル新製品の数々に☆Takuが即反応。やはり新製品には心が踊るもので……。

──さて、今年もWWDC(☆1)のシーズンがやってきました。近年はその主旨を尊重してハードウエアの発表を控えていましたが、今年は新型『iPad Pro』など、たくさんの新製品が発表になりましたね。まずは、その発表内容に対する率直な感想を聞かせていただけますか?

ここ数年、WWDCの基調講演をライブで見ることはなくなっていたのですが、今回は徹夜してでも見たほうが良かったかも知れません。それくらい充実した発表だったと思います。ハードもいろいろ登場しましたが、ソフト面も充実していました。

☆1 WWDC



Worldwide Developers Conference=世界開発者会議。アップルの次世代OSやデバイスの情報をいち早く開発者に提供することを目的としている。その性質上、イベントの主役はソフトウェア。ただし今年はハードウェア新製品発表も多かった。

──それらのなかで☆Takuさんが最も注目したのはどれでしょう。

この秋登場の『iOS 11』です。開発者向けのWWDCでは、AR(拡張現実)、そしてAI対応などが強化されたことをアピールしていましたが、一般ユーザーが直接利用するUIの面でもかなり便利になっています。カスタマイズ可能なコントロールセンターや、標準でQRコードの読み取りが可能になったカメラなど、細かく使い勝手が洗練されました。特に後者はガラケー時代の標準機能が復活したという意味で、とても面白い。近年はLINEなど一部のアプリでしか活用されなくなっていたQRコードがまた復権するかも知れません。

──復権という意味では、iOSデバイスであえて見えないようにしていたファイルを利用できるようにする「Files(☆2)」も登場しました。

煩雑なファイル管理をしないで良いというのが当初のiOSデバイスの売りでしたが、用途によってはやはり見えたほうがいいということを受け入れたのでしょう。iPadなどはこれによって、さらにラップトップ機のように活用できるようになります。

☆2 Files



iOS 11に搭載される新機能の1つ。本体内に保存されているデータを一元管理できるようになった。メールやオンラインストレージを使ったファイルの共有や、アプリ間でのデータのやり取りがより一層簡単(PCライク)なものになる。

──macOSなど、その他のOSについてはいかがですか?

macOSは、グラフィックエンジンやファイルシステムの刷新によって、同じMacでもパフォーマンスが大幅に上がるそうですが、それよりも個人的にうれしいのは、tvOSにAmazonプライムアプリが提供されること。むしろ今まで使えなかったのが不思議なくらいなのですが、やっと対応してくれました。Amazonプライムビデオを見るときだけ『FireTV Stick』に切り替えないで良いのは助かります。

──ハードウエアはいかがでしたか?個人的には黒い『iMac Pro』(☆3)が想像以上にハイスペックで度肝を抜かれました。

「i」なのか「Pro」なのかわからない不思議なネーミングはさておき、元々クリエイターにも『iMac』を愛用している人は多かったので、さほど違和感はありませんでした。『Mac Pro』のリニューアルが2019年になると聞いて不安になっていたのですが、これがあるならまだ戦えます。ただ、僕はもう『MacBook Pro』での作曲に完全にシフトしてしまっているので、そちらのさらなる高性能化にも期待。4TBのSSDが搭載可能(現在は2TBまで)になったら買い換えたい。

☆3 iMac Pro



プロクリエイター向けのハイスペック化を実現したモンスターマシン。見た目はボディ色が黒くなっただけだが、最大18コアのCPUが搭載可能など、あらゆる点でケタ違い。もちろん価格もケタ違いで、最低構成でも4999ドル〜(12月発売)。

──ハードでは、そのほか、噂のスマートスピーカー『HomePod』(☆4)も発表になりましたね。

僕は買うつもりですが、こういう製品が日本の文化になじむかどうかはわかりません。対応するオンラインサービスや家電もほとんど普及していませんし、国内では単なる据え置きスピーカーになってしまいそう。国内発表は来年になるようなので、それまでに状況が変わることを期待しましょう。

☆4 HomePod



──全体として今回のWWDC発表には何点を付けますか?

非常に盛りだくさんでとても良かった。85点。これなら次世代iPhoneにも期待できると思いました。

☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)/音楽家、DJ。1998年にVERBALとm-floを結成。個人では加藤ミリヤ、MINMIなどのプロデュースを務め、海外アーティストのリミックスも積極的に行なう。小栗旬主演ドラマ『信長協奏曲』に続き、現在放送中の『人は見た目が100パーセント』の劇伴を担当するなど、その活動は多岐に渡っている。自身が運営するダンスミュージック専門インターネットラジオ「block.fm」は開局5周年を迎え、音楽の新たなムーブメントを発信し続けている。

インタビュー・文/山下達也(ジアスワークス)

※『デジモノステーション』2017年8月号より抜粋