「Thinkstock」より

写真拡大

 誕生日に自殺する人は、ほかの日の1.5倍――。

 大阪大学大学院国際公共政策研究科の松林哲也准教授らの研究グループは、厚生労働省の人口動態調査の約207万人のデータを分析することで、「誕生日の自殺率は普段の1.5倍に及ぶ」という研究内容を発表した。

 欧米では、誕生日に誰からも祝ってもらえずに孤独感にさいなまれることで自殺する「誕生日ブルー」という仮説があるが、それが日本でも証明されたかたちだ。なぜ、人は生まれた日に死を選ぶのか。松林准教授に話を聞いた。

●誕生日に自殺や事故で死亡する人は圧倒的に多い

――昨年、「誕生日の自殺で亡くなった方は、ほかの日よりも50%多い」という研究結果が反響を呼びました。この研究を行ったきっかけなどについて、教えてください。

松林哲也氏(以下、松林) 誕生日前後の死亡リスクに関しては、これまで2つの仮説が存在しました。

 ひとつ目は「延期」仮説です。これは、誕生日に死亡する人の数は少なくなるという予想で、「誕生日など、自分にとって意味のある記念日を迎えるまでは生き続けようとする」という前提に基づいています。

 2つ目は「誕生日ブルー」(birthday blues) 仮説です。これは、誕生日に自殺する人が多くなるという予想で、「記念日を期待していたようなかたちで祝うことができない場合などに孤独感にさいなまれてしまう」という前提です。

 この2つの仮説については、アメリカ、イギリス、スイスで大規模なデータを使った研究が行われましたが、いずれも後者を証明する結果となっています。しかし、文化の異なる日本でも同様の傾向があるかについては、明らかになっていませんでした。今回の研究成果は、私の知る限りではアジア文化圏全体でも初めてではないでしょうか。

「誕生日」という概念は、ヨーロッパ文化圏から導入されたものといわれています。日本人は、子どものときはともかく、「成人してからは、あまり誕生日を特別視していないのでは」と考えていたので、「誕生日の自殺はそれほど多くない」と予想していました。それにもかかわらず、このような結果が出たため、大変驚いています。

――この研究の概要について、教えてください。

松林 私と早稲田大学准教授の上田路子氏は、死亡者の誕生日と死亡日の関係に注目し、1974 年から2014 年の厚生労働省の人口動態調査の約207万人のデータを分析しました。

 この調査データには、当該期間中に自殺や事故を原因として死亡したすべての人々が含まれます。統計分析の結果、誕生日に自殺や事故で死亡する人数は、ほかの日に死亡する人数と比べて大幅に多いことが明らかになりました。

 データ上では、誕生日に死亡した人の数は約8000 人で、誕生日以外の死亡者数の平均が約5700 人であることから、誕生日に死亡した人の数が大幅に多いことがわかります。さらに「ポアソン回帰分析」という統計手法を用いて分析したところ、誕生日の影響がもっとも強く見られるのは自殺。誕生日に自殺で亡くなる人の数は、それ以外の日に亡くなる人の数よりも50%多いのです。

●誕生日に死亡しやすい人の行動パターンとは?

――誕生日は、自殺だけでなく事故も多いようですが。

松林 分析対象としたのは、自殺、交通事故死、溺死、窒息死、転落死です。調査データには、当該期間中にこれらの死因によって死亡したすべての人が含まれます。乗用車やバイクによる交通事故死、また溺死や転落死などの数も、誕生日には20〜40%ほど上昇します。

――なぜ、誕生日に自殺してしまう人が多いのでしょうか。

松林 エビデンスが不足しているため、この点は推測しかできません。しかし、日本人も欧米人と同様に誕生日を特別な日ととらえており、誕生日を祝ってくれる人がまわりにいないような環境にいる人は、孤独を感じ、その結果として自殺念慮が高まり、最終的に自殺してしまうという可能性があります。

 もし社会となんらかの関係性を持っていれば、たとえば会社や学校に通っていたり、家族が誕生日を祝ってくれたりして、「誕生日おめでとう」の一言があれば、自殺は避けられるかもしれません。

 これらはあくまで推測なので、医学的な観点から誕生日と自殺の因果関係を分析することが重要だと思います。

――データ分析の結果、男女比率や年齢層で突出して自殺率が高い部分というのはあるのでしょうか。

松林 特にありませんでした。男女比率や年齢層も一定でしたが、強いて言えば、既婚者と独身者の比率では独身者が若干多かったです。ただし、「自殺率が50%高い」というのは統計学的に誤差でも偶然でもありません。

――事故も20〜40%多いというのも驚きです。そのなかに、実は自殺だったというケースもあるのでしょうか。

松林 我々も、溺死、窒息死、転落死として処理された事故のなかに、実は自殺だったケースがあるのではないかと疑っていますが、それを証明する手段はありません。遺書があるなど明らかに自殺であるケース以外は、自殺の疑いがあっても事故として処理されることが多いかもしれません。

 事故が多いことについては、誕生日には特別なイベントがあることが関係しているのではないでしょうか。たとえば、家族や友人と食事をしてお酒を飲むなど普段と違う行動パターンになることが多く、帰宅途中に事故を起こしてしまうケースがあります。また溺死では、誕生日にハイになって海や川に飛び込んで泳ぐことで溺れてしまうケースがあります。

 誕生日がうれしいからこそ、いつもと違う行動を起こす。それが事故に結びつくと予想しています。

●“自殺リスク”の高い人をサポートする社会に

――「誕生日を特別な日ととらえることで、自殺率が高くなる」というお話ですが、中国人や韓国人も日本人以上に誕生日を特別な日と考えています。そして、家族との関係性が濃密である一方で、社会から疎外されて誕生日を祝ってもらえない人も多いです。このあたりについては、どうお考えですか。

松林 その話は初めて聞きましたが、大変興味深いです。それが本当だとすれば、中国や韓国でも日本と同じように誕生日に自殺が多いというデータが示されるかもしれません。

 私どもは人口動態調査のような日本のデータには簡単にアクセスできますが、中国や韓国の同様のデータにアクセスするのは難しいです。しかし、論文は英語でも執筆しているので、それを見て興味を持った中国や韓国の研究者がいれば、日本と同様に研究が進む可能性はあります。

――今回の研究内容を、どのように生かしていくのでしょうか。

松林 自殺を予防する上で、どのような日や場所で自殺が多いかを調査することは重要です。今回の論文の成果を踏まえると、精神医療やカウンセリングに携わる方々や“自殺リスク”の高い家族や友人を持つ方々が、誕生日前には普段以上に配慮してサポートしていくことが大切だといえます。
(構成=長井雄一朗/ライター)