モリス・チェスナット
 - David Livingston / Getty Images

写真拡大

 第2シーズンで終了した米テレビドラマ「ローズウッド 〜マイアミ私立検視ラボ」で主役の検視官ボーモント・“ロージー”・ローズウッド・ジュニアを演じていたモリス・チェスナットが、デヴィッド・E・ケリーのAmazonドラマ「弁護士ビリー・マクブライド」の第2シーズンに出演が決まったとDeadlineが報じた。

 モリスが演じるのは地区検察局に勤めるハキーム・ラシャド。裁判でビリー(ビリー・ボブ・ソーントン)に負けたことを深く根に持っている男だという。2人の殺害容疑をかけられたティーンエイジャーをビリーが弁護することを知ったハキームは、自らこの事件を担当。ビリーと弁護団を打ち負かし、検察局に大勝利をもたらそうと決心する。

 「弁護士ビリー・マクブライド」の第2シーズンは2018年に配信予定。新シーズンからはデヴィッドに代わり、「デクスター 〜警察官は殺人鬼」のクライド・フィリップスがショーランナーを務めることがすでに発表されている。(澤田理沙)