「鳥栖の名前を世界に…」 惜別アシストの鎌田、新天地ドイツでの飛躍誓う

写真拡大

浦和との一戦でCKから先制点を演出

 サガン鳥栖からドイツ・フランクフルトへの移籍が決まったMF鎌田大地が、25日に行われたJ1リーグ第16節浦和レッズ戦に先発出場。

 先制点をアシストしたテクニシャンは、試合後のセレモニーで「みんなの想いを背負って頑張りたい」とドイツでの活躍を誓った。

 自らを育ててくれたベストアメニティスタジアムでのラストゲーム。鎌田はトップ下の位置でキックオフの笛を聞いた。0-0で推移する均衡を破ったのは、後半20分のことだった。

 右CKのキッカーを務めた鎌田のキックを、FW小野裕二が倒れ込みながらヘディングで合わせて浦和GK西川周作の守るゴールマウスを打ち破った。鎌田が演出した先制点にチームは歓喜した。試合終了間際には相手のビルドアップミスを奪ったMF福田晃斗が試合を決定づける2点目を挙げ、後半アディショナルタイムに1点差に詰め寄られたものの勝ち点3を得た。

 勝利の立役者となった鎌田は、試合後のインタビューで以下のように語った。

「これだけのサポーターの前でしっかりと勝てたのはうれしいです。最後までチームのために戦うということをしっかり思って戦いました。2年半、ありがとうございました。しっかり向こうに行ってもみんなの想いを背負って頑張りたいと思います。これからもチームの応援をよろしくお願いします」

「鳥栖が唯一声をかけてくれた」

 スタジアムに詰めかけたサポーターが鎌田の背番号である「7」を掲げるなか、セレモニーに臨んだ。愛妻と両親から花束を受け取った鎌田は「アドリブなんですけど……」と言いつつも、「僕の想いとしては、高校の時、サガン鳥栖以外チームがなくて、唯一声をかけてくれました」と感謝した。

 そして「1年目に森下(仁志)監督じゃないと今の僕はなくて、クソガキだった僕を面倒を見てくれて、本当に感謝しています。2年目からのマッシモ(・フィッカデンティ)監督は……キツイ練習でしたけど、僕の中身が増えましたし、海外に挑戦できる僕がいると思います」と二人の指揮官に感謝した。

「僕はサガン鳥栖を離れますけど、世界で活躍することでサガン鳥栖の名前も世界で見られると思うので、違う形でサガン鳥栖に貢献したいと思います」とも話した鎌田。その後は鳥栖イレブンからの激励も受けた鎌田は、MF長谷部誠も所属するフランクフルトで、新たな挑戦をスタートさせる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images