これからブレイクするであろうアイドルたちを応援するニコニコチャンネル「NEXTアイドルをさがせ!」のニコ生特番「NMB市川美織にアイドルを学ぶ」第5弾が23日生放送された。


今回の”NEXTアイドル”はキクチウソツカナイのピンチヒッターとして、ジェントルが代役を務め、スペシャル番組としてアップアップガールズ(2)を大特集、前回放送時間の関係上、年長組の高萩千夏、吉川茉優のみの出演だったが、今回は鍛治島彩、橋村理子、中沖凜の5人全員が揃った。

アプガ(2)登場の前に、17日沖縄・豊見城市立中央公民館で開催された「AKB48 49thシングル選抜総選挙」で見事61位にランクインした市川からファンへの感謝の言葉が贈られ、逆にファンから贈られた言葉は「良かった、安心した。」という声が多かったそう。さらに「エゴサをしてみると(笑)、“みおりんがランクインして良かった”と推しメンじゃない人からのコメントがスゴい嬉しかったのと、“市川美織ってなんでそんな順位低いんだ”って言われていたことが本当に幸せでした。だったら来年お願いします(笑)。」とお茶目な一面も見せ、「順位が付くのと付かないのは天国と地獄です。」と昨年81位という圏外を経験した市川だからこその重みのある言葉も飛出し、ユーザーも真剣に聞き入っていた。

そしてアプガ(2)のメンバーを呼び入れトークコーナーへ。初登場となる鍛冶島は「私、握手会に隣のレーンに並んでました!」とアピール、「隣かーい!」と市川からツッコまれる。実は鍛冶島、上西恵の大ファンだったと言う。「もう卒業したから今の推しメンなんかは?」と市川もアピールするが、「生涯上西恵なんです!」と心変わりはなかった。しかし橋村はNMB48の中で一番市川が好きだと告白し、その眼はキラキラ。1週間かけて書いたという渾身の市川の似顔絵を直接手渡し、さらにハグしてもらいメロメロだった。特技披露では鍛冶島が鼻でリコーダーを吹き、その安定した音色は口で吹くよりキレイと大絶賛され、ライブ映像紹介では、アスリートアイドル”アプガ“の血を継承する、腕立て伏せリレーで続けられた時間だけ映像が流れるという企画でメンバーは汗だくに。

今回はアプガ(仮)からの伝統ともいえる、サプライズ発表があると事前に予告されていたが、ついにその時間となると、サプライズ発表担当(ナビゲーター)であるアップアップガールズ(仮)の森咲樹が登場。(2)メンバーは、思わぬ先輩の登場に目を丸くし、最初は大好きな先輩登場にテンションを上げていたが、「アプガ(2)の皆さんにサプライズの発表をしに来ました。ご報告が有ります。」と切り出す森に、メンバーの表情は一気に不安げに。その発表とは、8月15日にCDデビューが決定したというもの。メンバーは一気に笑顔となり、弾幕も「おめでとう」「8888888」のコメントで溢れた。

後半は、先輩アプガ(仮)も様々な経験をしてきた、“罰ゲーム”的な挑戦を(2)メンバーにも体験してもらう企画「罰ゲームボーダーラインチェック!」を決行。ビリビリペン、真っ青な食欲を全くそそらないカレーで食レポ、激辛“デスソース”をディップするリッツパーティー、タガメやタランチュラを食する“虫食べチャレンジ”を新人らしい潔さで果敢にチャレンジ、先輩森も、市川も巻き込んでの大騒ぎとなり、ユーザーも大いに盛り上がった。

市川は「アプガ(2)のみなさんの事大好きになりました!今後も見守りたいな。私を越えていけるようにアシストできたらと思います。あと(仮)さんも気になってきました。ツアー是非行きたいです。」とすっかり”アプガ”の虜になったようだ。市川からの応援宣言に(2)メンバーも(仮)の森もテンションを上げて喜んだ。今後”アプガ(仮)&(2)”と市川のステージでの共演もあるかもしれない。