誰でも目覚めはできるだけ快適でありたいと思っているはず。その実現のために、優しく起こしてくれる初音ミクを自作する人が現れました

朝起こしてくれる初音ミクを作ってみた 【部屋ミク】 - ニコニコ動画:GINZA



枕元にそっと置かれた初音ミクのぬいぐるみ。時間になると「おはよう!起きる時間だよ!」と起こしてくれます。



このムービーは、朝起こしてくれて部屋で一緒に暮らす「部屋ミク」を作るまでの奮闘記を記録したものです。



目覚まし時計の無機質なアラーム音で起こされるよりはミクに優しく起こしてもらう方がいいに決まっている、というのが開発のきっかけ。



まずはコンセプトと仕様を検討します。メモの「ミクに起こされたい」「タッチセンサで撫でる検知」「髪飾りで連動」というあたりはしっかりと基本コンセプトとして守られていくことになります。



「初音ミクの目覚まし時計」的なものを1から作るのではなく、お気に入りのぬいぐるみに別の装置を後付けすることで実現する方向を選択。



ブレッドボード(試作用基板)で試作しながら……



回路図を作成。



小型化するためにプリント基板化。アートワークを設計し、発注。



基板製造のあいだにプログラムを仕上げます。



基板に部品を実装、ソフトを書き込んで……



ハードウェアが完成。



これをリュックに入れてミクに背負ってもらうという考えです。



リュックももちろん手作り。





まるで最初からリュックを背負っていたかのようにピッタリの品ができあがりました。



さらに、タッチセンサーを内蔵した髪飾りをレーザーカッター加工で作成。





Bluetoothを利用したスマートフォン連動の専用アプリも開発。



最後に、ミクの声で命を吹き込んで……



完成です。



スマートフォンアプリでアラームをセット。



朝7時……



「おはよう!朝だよ!」「起きろー!」とミクの声が響きます。



ミクの頭を撫でると目覚ましが解除されます。青く光っているのは、天気予報が雨であることを示しています。



この内容は「夕方から雨!傘持って行ってね」とスマートフォンにも通知が届きます。



外出すると……



「いってらっしゃい!」というメッセージが。



帰宅すると「おかえり!」と迎えてくれます。



スマートフォンには「今日もお疲れ様!」のメッセージ。



このほかに、頭を撫でることでBGM係として音楽を流してくれたり、スマートフォンに通知があったことを知らせてくれたりと、目覚まし以外でも活躍。



夜更かししていると「まだ寝ないの?寝坊しちゃうよ」と怒られます。



安眠サポート用という寝息機能もついています。



企画したのは技術サークル・テクノアルタのHayatoo0oさんと静丘さん。ハード、ソフト、外装、アプリ、ボイスなどのチームがそれぞれ遠隔地でバラバラに作業を行った上で完成させています。



これは初音ミクのみならず、いろいろなキャラクターで欲しがる人がいること間違いなしです。