「ブラック・ミラー」シーズン3より
 - Netflix / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 現在Netflixで配信されている英ブラックコメディードラマ「ブラック・ミラー」が小説シリーズになることを出版社ペンギン・ランダムハウスが発表した。

 The Wrap などによると、ドラマにインスパイアされた中編のアンソロジーシリーズになるそうで、今のところ3巻が予定されているという。編集は「ブラック・ミラー」のクリエイター、チャーリー・ブルッカーが担当し、今後、執筆する人気作家たちの名前が発表されるようだ。

 英テレビシリーズからNetflixオリジナルシリーズになった同ドラマは、テクノロジーやメディアと人間のつながりを巧みに、考えさせられる形で取り上げている。

 「わくわくするような作家たちから、まったく新しい『ブラック・ミラー』のストーリーとはうれしい限りです。それらは“本”と呼ばれるハイテクの新しいフォーマットで届けられます。どうも紙にインクで書かれた何らかのコードらしく、一目でイメージや音が頭の中に湧き上がり、ストーリーを描くというものらしいです。信じがたいですが、まあ様子を見ましょう」と出版社は言っている。

 「ブラック・ミラー」の第4シーズンは今年中に配信される予定。小説の第1巻は来年2月に、2巻と3巻はそれぞれ2018年と2019年に出版される予定だという。(澤田理沙)