ダイエットに適した注目のオイル「グラスフェッド・ギー」

写真拡大 (全3枚)

アーユルヴェーダを取り入れている人たちの間では昔から知られている「ギー」。バターをゆっくり加熱し、たんぱく質や水分をろ過して取り除いてできる、純粋な乳脂肪分のみのバターオイルのこと。美容や健康にもいいんですが、なかなか気軽に手に入るものではありませんでした。
いま注目のオイル「グラスフェッド・ギー」
5000年前から神聖なオイルとされ、ヒンドゥー教の礼拝の際に神像を清めるなど、宗教的な儀式にも使われているほど大切な存在のギー。脂肪になりにくく、エネルギーになりやすい中鎖脂肪酸を多く含み、共役リノール酸は脂肪の分解・燃焼させる働きがありダブル効果でダイエットに適しているオイルです。
また、良質のグラスフェッド・ギーは、天然の必須脂肪酸である、ビタミンA、D、E、Kなど女性にうれしい成分が多く含まれていて、英国「TIME」誌が選ぶ世界でもっとも健康によい食品50に選定されたり、米自然療法協会が選ぶ「体に良い油ベスト5」の第1位にも選ばれているほど注目のオイル。
ギーが瓶詰めになって日本初上陸

グラスフェッド・ギー「GHEE EASY」100g ¥1,280(税抜)

オランダ発グラスフェッド・ギー「GHEE EASY(ギー・イージー)」が日本に初上陸。一年中ほぼ放牧の贅沢なグラスフェッド(牧草だけの飼育)のバターからギーを生産。抗生物質や遺伝子組み換え穀物など人工的な成分を取らないためヘルシーで上質なバターに仕上がっています。
お肌に料理に、マルチに使えるギー

バターやオリーブオイルの煙点が130〜160度のところギーは250度の煙点を持つので、加熱にも強く、ギーでの揚げ物や炒め物はヘルシー。例えば、ギーを引いて、ステーキを焼いたり、目玉焼きをギーで焼いたり、肉じゃがに、お味噌汁になど、和食ともマッチします。焼きたてのトーストにギーを塗るだけで味わいがぐっと増したり、スープやカレーなどの仕上げにティースプーン1杯のギーをたらせば、味と香りに深みを出すことも。ホットミルクやコーヒーに混ぜてもおいしくて健康的にいただけます。
さらに、お肌に塗ってマッサージしたり、沈静・安眠効果もあるので、おでこに薄く塗ると深く眠れるともいわれています。
このように1瓶あると、様々な用途に使える「GHEE EASY」。困った時の救世主として、気軽にギーを取り入れてみてはいかが。
[GHEE EASY]