江原弘泰が決勝で鈴木貴男を下して今季2勝目 [グアムF1フューチャーズ]

写真拡大

 ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「King's Delta グアム・フューチャーズ」(グアム島・タモン/6月19〜25日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)が開催され、シングルス決勝は第1シードの江原弘泰(日清紡ホールディングス)がノーシードから勝ち上がってきた鈴木貴男(Team REC)を7-6(4) 4-6 6-3で下して優勝を飾った。試合時間は2時間20分。

 江原は5月のシンガポール(ITF1.5万ドル/ハードコート)に続く今シーズン2勝目で、フューチャーズ大会では通算5勝目を挙げた。2015年大会の優勝者で40歳の鈴木は、2度目のフューチャーズ大会制覇はならなかった。

 ダブルス決勝は、第3シードのコナー・ファレン(アメリカ)/ベルナルド・サライバ(ポルトガル)が第4シードの笹井正樹(フリー)/竹島駿朗(Team REC)を7-6(1) 7-6(4)で倒してタイトルを獲得した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

◇   ◇   ◇

【シングルス決勝】

○1江原弘泰(日清紡ホールディングス)[1] 7-6(4) 4-6 6-3 ●31鈴木貴男(Team REC)

------------

【シングルス準決勝】

○1江原弘泰(日清紡ホールディングス)[1] 6-0 6-3 ●16ジェイク・デラニー(オーストラリア)[5]

○31鈴木貴男(Team REC)4-6 6-1 6-2 ●24井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)[3]

------------

【シングルス準々決勝】

○1江原弘泰(日清紡ホールディングス)[1] 6-0 6-2 ●8ムン・ジュへ(韓国)[8]

○16ジェイク・デラニー(オーストラリア)[5] 7-5 6-1 ●9守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)[4]

○24井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)[3] 7-5 4-6 6-0 ●19竹島駿朗(Team REC)

○31鈴木貴男(Team REC)6-3 6-3 ●28小野田賢(あきやま病院)

------------------------

【ダブルス決勝】

○12コナー・ファレン/ベルナルド・サライバ(アメリカ/ポルトガル)[3] 7-6(1) 7-6(4) ●5笹井正樹/竹島駿朗(フリー/Team REC)[4]

------------

【ダブルス準決勝】

○5笹井正樹/竹島駿朗(フリー/Team REC)[4] 4-6 6-2 [10-6] ●1ジェイク・デラニー/守谷総一郎(オーストラリア/MTSテニスアリーナ三鷹)[1]

○12コナー・ファレン/ベルナルド・サライバ(アメリカ/ポルトガル)[3] 6-3 7-5 ●16井藤祐一/小野田賢(ライフ・エヌ・ピー/あきやま病院)[2]

テニスマガジン/Tennis Magazine)

※写真はITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「King's Delta グアム・フューチャーズ」(グアム島・タモン)のシングルスで優勝を果たした江原弘泰(昨年の全日本選手権でのもの)

ITF(国際テニス連盟)大会ページ|公式