キム・ソンリョン、パク・シネへの嫉妬心を告白「私の携帯から息子が連絡を取った」

写真拡大

女優キム・ソンリョンがパク・シネに嫉妬したことがあると告白した。

最近韓国で放送されたKBS 2TV「ハッピートゥゲザー3」は、「ハッピートゥゲザー−最高の一発第2弾」と「伝説のチョドンアリ−危険な招待第2弾」で構成された。

この日の放送でキム・ソンリョンは、チョドンアリのメンバーであるユ・ジェソク、キム・ヨンマン、チ・ソクジン、キム・スヨン、パク・スホンに「キム・ソンリョンさんは女優の誰々さんに嫉妬したことがある」という問題を出した。

これに対しキム・ヨンマンがイ・イルファ、パク・スホンがコ・ヒョンジョンと叫んだが誤答だった。これに対しキム・ソンリョンが、「うちの息子がかなり好きな人」とヒントを出した。この話を聞いてユ・ジェソクが「TWICE」と叫んだが、これまた誤答だった。キム・ヨンマンが「パク・シネ」と叫んで正解を当てた。

キム・ソンリョンは、「ドラマ『相続者たち』を一緒に撮影した。息子は私には全く関心がなくて、『パク・シネって綺麗』と言っていた」としながら、「うちの息子が私の携帯電話からパク・シネさんの電話番号を探して、『僕、キム・ソンリョンの息子ですが』とメッセージまで送った」とビハインドストーリーを伝えた。