文大統領=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】朝鮮戦争の勃発から67年となる25日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「6・25戦争(朝鮮戦争)は痛ましい歴史だ。それでも、われわれは前に進むべきだ」とフェイスブックに書き込んだ。

 また、分断の傷と離散家族の痛みが今も続いているとした上で、「強い安保と国防力があってこそ対話と平和が可能であることを承知している。このため、大統領としてあらゆる努力をしていく」と強調した。
 29〜30日に予定されている韓米首脳会談にも触れ、韓米同盟の強化と北朝鮮の核問題を解決するため、トランプ米大統領と議論するとした。
csi@yna.co.kr