男子ゴルフ米国ツアー、トラベラーズ選手権3日目。18番グリーンでガッツポーズを見せるジョーダン・スピース(2017年6月24日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアー、トラベラーズ選手権(Travelers Championship 2017)は24日、米コネティカット(Connecticut)州クロムウェル(Cromwell)のTPCリバーハイランズ(TPC River Highlands)で3日目が行われ、上がり4ホールで3バーディーを奪ったジョーダン・スピース(Jordan Spieth、米国)が、2位と1打差の通算12アンダーで単独首位を守った。

 2015年に第79回マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament 2015)と全米オープン選手権(2015 US Open Championship)を制しているスピースは、13番と14番で連続ボギーをたたいたものの、それを埋め合わせる見事なフィニッシュを披露し、最終18番では約6メートルのパットを劇的に沈めてみせた。

 今季はAT&Tペブルビーチ・ナショナルプロアマ(AT&T Pebble Beach National Pro-Am 2017)を制しているスピースは、このまま勝利すれば初日から一度もトップを譲らない完全優勝でツアー通算10勝目に到達する。

 スピースは、この日の力強い終わり方を最終ラウンドにつなげたいと話し、「確実なゴルフをしたい。ここまではそれができている。退屈かもしれないけれど、1サイド2バーディーのペースで行きたい。大会が始まったときは、一日に4ストロークずつ伸ばしていければ良いところに行けると思っていた。だからそれが目標になる」とコメントした。

 1打差の2位にはブー・ウィークリー(Boo Weekley、米国)がつけた。2013年のクラウン・プラザ・インビテーショナル(Crowne Plaza Invitational at Colonial 2013)以来勝利がなく、今季は25位以内に1回も入っていないウィークリーだが、この日もスコアを5ストローク伸ばして単独2位を守った。

 1打差の3位にはダニエル・ベルガー(Daniel Berger、米国)が入り、台湾のパン・チェンツェン(Pan Cheng-tsung)がこの日の最少スコア64を記録し、ポール・ケーシー(Paul Casey、イングランド)、ダビド・リングメルト(David Lingmerth、スウェーデン)と並ぶ4位タイに浮上した。
【翻訳編集】AFPBB News