17F1第8戦、アゼルバイジャンGP予選後の歓声に応えたフェラーリのキミ・ライコネン、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(2017年6月24日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】17F1第8戦のアゼルバイジャンGP(Azerbaijan Grand Prix 2017)は24日、予選が行われ、メルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)は、最終ラップの見事な走りで同僚のバルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)を上回り、ポールポジションを獲得した。

 ハミルトンは興奮気味に「今年一番と言ってもいいくらいエキサイティングなラップだった。タイヤを温めるのがうまくいかなくて、プレッシャーは大きかったけれど、十分温まってるのを祈るしかなかった」と話した。

「全力で攻めたよ。予選はそういうものだから。長くてつらいレースになるけれど、スタート地点は最高だ」

 ハミルトンは赤旗中断が明けた後の残り3分30秒から最速タイム1分40秒593を記録。金曜日の練習走行は不満の残る内容だったが、そこから立て直し、今季8戦で5回目のポールポジションを獲得するとともに、メルセデスの二人でのフロントロー独占を達成した。

 決勝ではハミルトンとボッタスが最前列から、フェラーリ(Ferrari)のキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)と、年間ポイントで首位に立つセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)の二人が2列目からスタートすることになった。年間ポイント争いで、ハミルトンは7レースを終えた段階でベッテルと12点差の2位につけている。

 通算66回目のポールポジションを獲得したハミルトンは、偉大なアイルトン・セナ(Ayrton Senna)氏の記録を上回り、歴代最多68回のPPを獲得しているミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)氏の記録まであと2回に迫っている。

 2番手のボッタスに0.5秒近い差をつけるベストラップを記録したハミルトンは、2週間後のオーストリアGP(Austrian Grand Prix 2017)でもポールポジションを獲得すれば、7月の英国GP(British Grand Prix 2017)でシューマッハ氏の記録に並ぶ可能性がある。
【翻訳編集】AFPBB News