記事画像

写真拡大

SNSのタイムラインに流れてくる、友人・知人の旅先での写真。旅行を楽しんでいる様子を見て「いいなぁ」「素敵だな」と思うこと、よくありますよね。

しかし内容によっては、フォロワーが素直に「いいね!」と思えない写真も結構あるみたい。DeNAトラベルが10〜60代の男女に「海外旅行先でのSNS投稿」に関する調査を実施した結果、「いいね!」したくないという不満の声が多かったのは――。

強いて言うなら、これが嫌い

そもそも、どれほどの人が旅先での様子をSNSに投稿しているのでしょうか? 「旅行先の出来事をSNSに投稿しますか?」との質問に「いつもする」と回答したのは63.4%、「たまにする」は31.2%となり、なんと94.6%の人が旅行の様子を投稿しているという結果に。投稿先の1位は「Instagram」(64.8%)、2位は「Twitter」(60.2%)、3位は「Facebook」(58.0%)となりました。

同調査では次に、フォロワー視点に立ってSNSに投稿されたものに対して「どんなリアクションをしますか?」と質問。その結果、最も多かったのは「いいね!を押したり、コメントを書く」で89.2%がこちらを選びました。

2位以下は「実際に投稿者に会ったときに話題にする」(64.6%)、「自分の次の旅行の参考にするため、お気に入りに保存する」(38.5%)が続き、「特に何もリアクションはしない」と答えた人は4.6%に留まりました。

意外にも(!?)「いいね!」したり、コメントしたりするという素直な人が多かったものの、「友人・知人の旅先のSNS投稿で『いいね!』を押したくないものはどんな投稿ですか?」と少し意地悪な質問をぶつけてみたところ...

1位 「特になし」(25.8%)
2位 「友人・知人が写った写真」(22.6%)
3位 「旅行先のチェックイン情報」(19.4%)
4位 「旅行先の出来事をつづった日記やテキスト」(17.2%)

という結果になりました。

自撮りアプリや「セルカ棒」の普及で「風景と自分」というショットがかなり気軽に撮影できるようになりました。人に頼まなくても旅先の風景に溶け込む自分が撮影できるので、旅行に行くとついつい自撮りが多くなってしまうという人も多いのでは? ただ、SNSの投稿を受け取る側には不評のよう。一体なぜなのでしょうか?

なんで「いいね!」したくないかというと...

「本人が写った写真」になぜ「いいね!」したくないのかについて、回答者たちからは、

「自撮りばかりされても、旅の様子は伝わらない」(50代男性)
「本人も映った写真や日記は、本人に直接あって話を聞きながら、写真を見て感想を聞きたいから」(30代女性)

といった意見が寄せられ、SNSでは本人の写真よりも旅先の様子・情報が知りたいという傾向が読み取れます。ツイッターにも、

「旅行楽しいって投稿なのに、ほぼ9割自撮り写真で旅行感全くない」
「何で女子って写真に自撮り命なのーーー????!ってめっちゃ思う 旅行行くんなら景色!!!!!見ろよ!!!!!!」

などの声が上がっていて、旅行に行ったこと伝える投稿にもかかわらず本人が中心で目立っていることに違和感を覚える人が多いようです。

このほか、本人が写っている写真以外にも

「たくさんのブランド物を購入した写真などの自慢」(20代女性)
「ものすごく幸せそうな写真」(30代男性)

には「いいね!」したくないという声も寄せられており、やはり自慢と思われかねない投稿は反感を買いやすい傾向にあります。

また「チェックイン情報」は、ホテルや航空券などグレードが分かる場合が多い=自慢ということ以外に、ビジュアルインパクトに欠けるということも嫌われる要因かも。文章でつづったものが「いいね!」したくないとされるのも、目で見て瞬時に伝わらないことが原因と考えられます。

やはり「SNSウケ」を考えると、パッと見てインパクトのあるものの方がいいようです。夏休みの旅行は「フォトジェニックな風景・食べ物」をSNSに投稿すると多くの人に「いいね!」してもらえるかもしれませんね。