(ザ・リッツ・カールトン ホテル カンパニー L.L.C)

写真拡大

 ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーがクルーズ業界への参入を決定した。ホテルを展開する企業としては世界で唯一となるもので、「ザ・リッツ・カールトンヨットコレクション」と名付けられ、初シリーズとなる三隻のクルーズ船の第一弾の就航は、2019年の第4四半期を予定している。

(ザ・リッツ・カールトン ホテル カンパニー L.L.C)

 特別仕様のクルーズ船の全長は190メートル、最大298名の乗客の受入れが可能で、船内には149のバルコニー付きスイートと豪華な二階建てペントハウススイートが備えられている。

 船内には、ザ・リッツ・カールトンウォルフスブルクの三ツ星レストラン「アクア」のスヴェン・エルバーフェルド氏のレストラン、リッツ・カールトンスパ、パノラマラウンジとワインバー、船内エンターテイメントなどが用意され、寄港先では地元シェフ、ミュージシャン、アーティストとのコラボレーションし、海上と陸上から、その町ならではの特別な体験を提供するという。

(ザ・リッツ・カールトン ホテル カンパニー L.L.C)

 現在、 リッツ・カールトンが全世界で展開しているラグジュアリーリゾートでの滞在と、新クルーズ船によるヨット旅行を組み合わせた航海スケジュールを作成中で、従来の大型クルーズ船旅行では立ち入ることのできないカプリやポルトフィーノ、サン・バルテルミーやカルタヘナの旧市街などの街にも寄港する予定もあり、今までのクルージング旅行とは違ったユニークで特別な船旅となりそうだ。

 予約開始は2018年の5月を予定、プライベートチャーターにも対応するという。

(編集・大道修)