石ユウティン【写真:Getty Images】

写真拡大

モンダミンカップ最終日、前半は1バーディー、1ボギーのイーブンパー

 女子プロゴルフのアース・モンダミンカップ(千葉・カメリアヒルズCC)の最終日は25日、「中国のアン・シネ」こと、19歳の美少女ゴルファー・石ユウティン(中国)は1バーディー、1ボギーのイープンパーとなり、通算8アンダーで前半を終了。トップ10圏内につけている。

 7位タイの通算8アンダーで出た最終日は4番パー3でボギーをたたいた。しかし、7番パー4でバーディーを取り返し、イーブンパーで前半9ホールを終えた。

 石ユウティンは日本生まれ、中国育ち。2016年には18歳で中国LPGAツアー初優勝を飾り、賞金女王に輝いた中国ゴルフ界の未来を担う逸材だ。実力もさることながら、童顔でアイドル系のルックスに、日本のファンも「ナチュラルな純朴さがかわいい」と注目。膝上25センチの超ミニスカートでプレーすることもあり、男性ファンのハートをわしづかみにしている。

 今年から日本ツアーに本格戦線。中国メディアに「異なるコースを回って、多くの経験を積もうと思っています」と意気込みを語っていたが、今回は見事に躍進。3日目は全体2番目の「68」で回り、24位から7位にジャンプアップしていた。

 果たして、トップ10でフィニッシュなるか、注目の後半戦となりそうだ。