Appleの新社屋、Apple Parkの建設工事が進む模様を人工衛星から高精細撮影した写真をつなげた映像が公開されました。「宇宙船」と呼ばれる建物が完成に近づいていく変化が分かります。

2015年から2年間のApple Park

映像では、2015年9月から2017年5月までの期間、Apple Parkの工事が進み、巨大なドーナツ型の建物が完成に近づいていく様子がタイムラプス動画形式で描かれています。
 
工事開始前との比較ができないのが残念ですが、宇宙から眺めても「宇宙船」には存在感があります。

Googleの人工衛星事業を買収

このほどApple Parkの映像を公開したPlanet Labは、人工衛星から撮影した高精細画像の販売などを行う企業で、今年初めにGoogleの人工衛星画像事業Terra Bellaを買収しています。
 
Apple Parkには、4月から順次、従業員が移転して業務が開始されており、最近はビジターセンター内のカフェの求人が公開されています。
 
また、ドローンを使った最近の空撮映像では、ガラス張りのスティーブ・ジョブズ・シアターに照明が点灯した美しい姿も捉えられています。
 
映像はこちらからご覧ください。
 

 
 
Source:Business Insider
(hato)