友達?彼氏候補?関係に迷った時の5つの見極めポイント(photo by DragonImages/Fotolia)

写真拡大

【コラム/モデルプレス】学校、職場だけでなく、大人になると男性の知り合いも増えていくもの。初対面から恋愛モードになる女性ならともかく、仲がいいけど恋愛に発展したいかどうか迷ってしまうこともあるかもしれません。友情と愛情、どんな違いがあるのでしょうか。見極めるポイントをご紹介していきます。

【他の記事を見る】男性に「会いたい」と思わせる女性5つの小悪魔テクニック

♥自然体の中にも“よく見られたい”願望


お互いが気心を知った間柄となると、女友達と同じように、もしくは女友達よりも居心地のよさを感じる男性がいるかもしれません。

恋愛は出会いの数だけパターンが生まれます。最初から相手に“ビビビッ!”と来る恋愛ばかりではないため、タイプではないから友達だと決めつけるのは早いかも。

意外な一面に男を感じたり、彼に会うときにオシャレが気になるなら、無意識でも可愛く見られたいと気持ちが芽生えたら、好きへと気持ちが発展する可能性がありますよ。

理想の相手が自分にぴったりかどうかはまた別物。運命の相手は意外と近くにいるかもしれませんね。

♥彼の友人や家族との相性


自分の気持ちがどこに向かっているかわからないなら、彼の友達に会ってみたり、家族の話を聞き出してみるのも手。

友達からのコメントや、友達を前にした彼の態度など、「意外にこんな可愛いとこもあったんだ」と新たな面を引き出してくれますよ。

自分のその輪の中にすんなり溶け込めたら、末永く彼と過ごすイメージのヒントに。家族の人となりを聞いて共感できるのか、ちょっと違和感を感じるのか。

恋愛→結婚を考えたときは、彼の友達や家族との関わりも強くなるからこそ、事前に相性をチェックしてみては。

♥結婚願望など人生プラン


もし全く結婚を考えていない、子供はいらないなど、自分の思いとかけ離れていたら、友達のままほうがいいかも。

大人になって、すでに人生を思い描いているイメージを、がらりと変えることは、好きな気持ちが強くても難しいもの。

男性を変えられる、気力と根気がないなら、自分の人生プランに合う人を選んだほうが幸せの近道ですよ。

♥嫌いの価値観が一緒


「好き」なものが同じだと、男女問わず意気投合して自然と友人へとなっていくもの。始めから趣味を一緒に楽しめたり、体験を共有していくことで彼に親近感が湧いてくると思います。

同じものを「好き」と言い合える関係性も素敵ですが、意外にも「嫌い」なものが一緒というのも絆が深まるポイント。

例えば、「マナーがなっていない人はNG」など、特に許せない物事がずれていると、恋人になっても価値観の違いを感じることが多いかも。

いかがでしたでしょうか。

将来の自分を思い描いたときに、隣で笑っている彼がイメージできますか?

友達のままいるべきか、一歩踏み出すべきか、迷ったときは参考にしてみてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】