号泣する尾野真千子と向井理

写真拡大

向井理が自ら企画し映像化を熱望した『いつまた、君と 〜何日君再来〜』。この映画が6月24日に封切りとなり、TOHOシネマズ 新宿で行われた初日舞台挨拶に向井をはじめ、尾野真千子、岸本加世子、駿河太郎、成田偉心、山本むつみ、深川栄洋監督が登壇した。

尾野真千子号泣、もう1枚の写真

本作は、向井が大学生のときに、祖母・芦村朋子の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚とともに自費出版をして、卒寿を迎えた祖母へお祝いとしてプレゼントした作品が原作。7年前から向井が映画化を熱望し、企画にも携わった意欲作で、衣食住もままならない戦後の混乱期、夫・吾郎(向井理の祖父)と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる姿を描いた壮大な愛の実話となっている。

この日は映画を見終えた約500名の観客がスタンディングオベーションで登壇者をお出迎え。しばらく拍手が鳴りやまない中、主人公の芦村朋子役を演じた尾野は感極り号泣! 「感無量です! こんな経験初めてです。こうやってご褒美をもらえたことが本当に嬉しいです」と涙ながらに話した。

そんな尾野の涙に向井は「隣で号泣されると冷静になっちゃいますね(笑)。今までやってきてこういう経験が初めてなので、本当に嬉しいです。たくさんの方々に届いたんだなと実感します。まだ実感がわかないですが初日を迎えることができました。僕にとってもみなさんにとっても特別な1日になりました。本当にありがとうございます。感無量です」とコメント。

さらに向井は舞台挨拶後半にサプライズ企画を実施。「撮影期間は1ヵ月でしたが、映画というものは本当に大変でいろんな人が携わっています。俳優部の部長として作品を引っ張ってこられた主演の尾野真千子さんに心ばかりのプレゼントを渡したいと思います!」と尾野の誕生月の花でもあり、劇中で尾野が着用していた黄色いワンピースをイメージした黄色のオンシジュームの花束を贈った。

これに尾野は再び号泣。向井の愛情ったぷりのサプライズ演出に「今日はなんて日だ! 妻を演じさせていただいて本当に幸せでした。楽しい日々を迎えられて、ともに足並み揃えてここまで歩んで来られたことがとても嬉しいです。この映画を一番の宝物にします!」と涙ながらに話していた。