4月からはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌『若い広場』が毎朝お茶の間に流れ、5月からはJTB新TV-CMに出演するとともに、CM内では同じく新曲『オアシスと果樹園』を披露、6月に入ると、自身初のBillboard Live TOKYOでのライブ発表、さらにソロとしてはなんと15年ぶりとなるROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017への出演が決定するなど、次々と活動が活発化してきていたが、ついにオリジナルアルバムの発売と、そのリリースに伴う全国ツアーの開催が発表された桑田佳祐。ファンのみならず、日本中の音楽ファンにとって、待ちに待った朗報である。

ソロ活動30年を迎える桑田が、未だほとばしる衝動を抑えきれずに炸裂させた最新オリジナルアルバムは、その名も『がらくた』。この夏8月23日に発売が決定した。

『がらくた』は桑田のソロ名義オリジナルアルバムとしては2011年2月23日に発売された『MUSICMAN』以来、約6年ぶりとなる。2013年3月13日に発売されたシングル曲『Yin Yang(イヤン)』から、昨年発売のシングル曲『ヨシ子さん』『君への手紙』、さらには上記の『若い広場』『オアシスと果樹園』まで全15曲収録のフルボリュームアルバムである。

ロックンロール、ジャズ、ドゥーワップ、サイケデリック、フィリーソウル、ラテン、レゲエ、ヒップホップ、歌謡曲…と、ポップミュージックのあらゆる語法を絶妙に散りばめ、それらがブレンドされたこの作品は、まさにポップスの臨界点を超えた究極のアルバムと言える。桑田ほどのキャリアを経たアーティストが、なおここまでの作品を作り上げる才能と手腕は驚異的。今回の発表に際してのキャッチコピーは「その男、どスケベにつき!ソロ30年目の衝動。」とのこと。音楽的な絶倫具合は、相変わらずである。

そしてそうやって出来上がった名盤につけられたタイトルは『がらくた』。「“がらくた”は、ありとあらゆる要素が無作為に交錯する現代社会の見立てであり、そんな無意味に積み上げられた“がらくた”の中にこそ、ものごとの本質や素晴らしさが宿っている」といったイメージがあるようだが、ある意味では謎解きのようなもの。この逆説めいたタイトルの本当の意味は、8月23日にこの作品を手にした人のみがわかるのかもしれない。