「ワイドナショー」(フジテレビ)の25日の放送で、指原莉乃が小島瑠璃子、石原良純とともにコメンテーターとして登場。「ワイドナショー」初登場となる小島は、指原との共演は珍しく、松本人志が「前室で指原と仲ええのん?って聞いたら”バッチバチ”ですと言っていた。」と煽る。共通の友人である大家志津香(AKB48)から話は聞いているという2人に「そっからいろいろ悪口を聞いてる?」とさらに煽る。「お茶掛けても言いけど、ストロー気ぃ付けや。」と対決構造を作るのを楽しんでいるようだ。小島は指原について「圧倒的1位ですから比べてもらうとすごく困るんですよ。私はピンでやってるので集団の中の1位の凄さには…」と話す最中に東野幸治が「あんまり凄く感じてないやん(笑)」と割り込み、松本も「あなた団体芸でしょ?」と追い打ちをかけ、やはりどうしても対決させたいようだ。

17日の「AKB48シングル選抜総選挙」で”3連覇”を達成した指原について、小島はあらためて「グループのトップは凄い。肩にいろんなものを背負ってるというプレッシャー。芸能生活が自分だけじゃないっていうのを、(1位の)スピーチで思います。」と話し、石原からは「(スピーチで)AKB48を見捨てないでくださいという危機感を持っているのもびっくりしたし、トップの大変さはあるんだろうな。」としみじみ。

総選挙ステージで結婚発表したNMB48須藤凛々花については、この土日の握手会に参加するという報道がされているが、松本は「じゃあ”新妻”と握手するんや」と指原を見やると「いや、”彼氏持ち”と握手するんです」と訂正。さらに「恋愛するとか、結婚するとかはさておき、あのステージ上で言ったのは間違いだったと思います。あの場って立てる子もいれば、立てない子もいる。メンバーみんなが1分1秒でもファンの方に感謝の気持ちを述べたいところにも拘わらず(結婚という)ファンを裏切るような発言をしたのは…」と目を伏せた。

梅雨時期の野外開催について、中止直後運営対して「頼りない」など苦言を呈した指原、スピーチ時にも「一つ一つの積み重ねで、皆さんの気持ちが離れていくことがとっても怖いです」と話したが、それについては松本が「梅雨の時期にお客さんが少ないから人を呼ぼう。ということで沖縄だからやる意味があったんよ。よしもとの映画祭も”いつも天気悪いやんけー”って言うけど、天気悪い時にやることに意義がある。」と説明。指原は一応は納得するも、「楽しみにしていた現地の方やファンの人の気持ちを思うと許せないなという気持ちもあります。」と述べた。

須藤の結婚に関してAKB48 OGの大島優子がFから始まる英単語が書かれたキャップを見せ批判したことに触れ、指原は「私はスキャンダルがあったので怒れる立場ではないので、(須藤の件は)本当に怒ってないんですけど、優子ちゃんやたかみな(高橋みなみ)だったり、AKB48の先輩が作ってきたステージということで本人が怒るのはしかたないと思います。」、さらに翌日報道陣の前に姿を見せた須藤が着ていた”ちくしょう”を息意味する”DAMN”Tシャツについては「絶対偶然ですこれは!さすがにここまで考えられていない。」と断言。松本は「全部秋元さんが着させてるんじゃない?」とここまでプロデュースが及んでいるのかと予想し、笑いを取った。