24日、台湾版グラミー賞「金曲奨」の受賞式が行われ、カリル・フォンとイブ・アイが最優秀歌手賞に選ばれた。

写真拡大

2017年6月24日、台湾版グラミー賞「金曲奨」の受賞式が行われ、カリル・フォン(方大同)とイブ・アイ(艾怡良)が最優秀歌手賞に選ばれた。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

台湾最大の音楽の祭典で、今年で28回目を迎えた「金曲奨」の受賞式が24日、台北アリーナで行われた。今年の最優秀男性歌手に選ばれたのは、香港の人気ミュージシャンのカリル・フォン。6回目のノミネートで受賞を決め、やっと念願を果たしている。

最優秀女性歌手に選ばれたのは、台湾の女性歌手イブ・アイだった。フェイス・ヤン(楊乃文)やウェイ・ルーシュエン(Waa/魏如萱)といった人気実力派が有力とみられていたが、世間の予想を大きく裏切る形で受賞を決めている。

今年最も注目されたのが、インディーズバンドのNo Party For Cao Dong(草東沒有派対)と、日本でもデビューしているロックバンドのMayday(メイデイ)による「新旧対決」だった。勝利したのはNo Party For Cao Dongで、最優秀バンド賞、最優秀楽曲賞など3部門で受賞。しかし、今年で結成20周年を迎えたMaydayもベテランの粘り強さを見せ、最優秀アルバム賞、最優秀作詞賞を手にしている。(翻訳・編集/Mathilda)