マツコ・デラックス

写真拡大

24日放送の「マツコ会議」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが、女子高生制服に対する意識に驚いた。

番組では、東京・原宿で話題の制服専門店「CONOMi」に潜入し、女子高生や20代女性たちにインタビューを実施した。

その中で、ある女子高生は、制服を着てもいい年齢は「高校生が大学生になる前らへんまで」と発言。大人になってからも制服を着る人は「あれ、痛い」「恥ずかしい」と指摘し、制服は「高校生のうちにしか着られない」ものとの認識を示した。これにマツコは「厳しいわね」「お姉さまたちは、痛いって分かってやってるの!」と驚きつつ、フォローする。

ところが、次にインタビューを受けた女性ふたり組は24歳と25歳。女性たちは20歳のときに制服を着てディズニーランドに行ったことがあり、この日は再び「制服ディズニー」を楽しむために店を訪れていたというのだ。「さっき(女子高生が)言ってた『大学生までギリギリ』ってときに行きました」と嬉しそうに話す。

だが、この発言をスタジオで聞いたマツコは「違うの! お姉さんたち、もう一回オンエアちゃんと見て。大学生はアウトなの! 『制服ディズニー』とか一番ダメなの!」と、先程の女子高生の意見を交えて指摘したのだ。

これに女性たちが「えー!」と悲しそうな表情をすると、すかさずマツコは「全然良い! お姉さんたち良い! みんなで制服になりましょう!」と、方針転換して励ましたのだった。

【関連記事】
マツコ・デラックス 同窓会出席者の傾向に指摘「比較的鎧をまとえる人たち」
マツコ・デラックス 番組内でギネス新記録が誕生し喝采
マツコ・デラックスのはからいで驚きの展開…番組女性Pと一般人がデートへ