毎日きちんと歯をみがいているのに近頃何だか歯が黄ばんきたような。黒ずんできたような。そう心当たりのあるあなたは、歯にステインが沈着しているのかもしれません。歯の着色汚れとして知られるステインは、例え毎日歯をみがいていたとしても色素沈着の原因となる食べ物・飲み物をとり続けるだけで歯に着色汚れ蓄積してしまうものなのです。歯をみがいていれば落ちそうな気がする色素汚れですが、どうしてステインは沈着してしまうのでしょうか。

ペリクルとの化学反応でステインが付着する

わたしたちの歯の表面は、エナメル質でコーティングされています。更にこのエナメル質の周りには、唾液から作られるペリクルという薄い膜で覆われています。このペリクルは虫歯の原因となる酸から歯を守ってくれる役割を果たしてくれてはいますが、あらゆる色素成分と化学反応を起こし、ステインを沈着させてしまうことでも知られています。つまりどんなに歯を健康に保っていようと、歯の表面は色素成分を取り込むようになっているということです。ではそのステインの素となる色素成分とはどのようなものなのでしょうか。

ステインの素となる色素成分や栄養素

高い抗酸化作用のある成分として知られる「タンニン」、「アントシアニン」、「イソフラボン」等に含まれる辛味成分「硫黄」、色味の強いことで知られる栄養素「ビタミンB群」。これらはいずれも色素沈着の原因となる成分で、上記で説明したように歯の表面のペリクルと化学反応を起こしてステインを生じさせるものです。とはいえ成分として見てもあまりイメージしにくいと思いますので、ステイン付着の原因となる、具体的な食べ物・飲み物について挙げてみたいと思います。

ステイン付着の原因となる食べ物・飲み物

わたしたちに非常に身近な食べ物では、大豆製品、リンゴ、バナナ、ぶどう、ブルーベリー、チョコレート、ネギ、タマネギ、ニンニク、緑黄色野菜等がステイン付着の原因となるもので有名です。そして飲み物となると、コーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶、ココア、赤ワイン等がこれに該当します。これら飲食物を好んで頻繁に飲み食いしているという方はステインが蓄積されやすい状態であるといえるでしょう。ちなみに食べ物ではありませんが、タバコもニコチンによってステインが付着する原因とされるもののようです。

ステイン汚れは歯医者で落としてもらおう

今では市販製品でもステインを落とせるようなものも出てきてるようですが、使用法や製品選びを間違えるとかえって歯を傷つけ、ステインが付着しやすい状態となってしまうことも。ステインを落とす方法として確実なのが歯医者でクリーニングを行ってもらうこと。ステインが溜まってきたなという方は、歯医者で定期的にクリーニングを行いましょう。


writer:サプリ編集部