7月からは夏休みシーズンにふさわしいビッグタイトルが目白押し!おなじみの“海賊”から誰もが知るスーパーヒーローまで、個性的なキャラクターも満載。この夏押さえておくべき注目の新作をまとめてチェックしよう。

■ジャック・スパロウ誕生の秘密が明らかに!?『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
ジョニー・デップが海賊ジャック・スパロウを演じ、世界的ヒットを記録したシリーズ最新作。本作では、「最後の海賊」のみが見つけ出せる伝説の秘宝「ポセイドンの槍」をめぐって大冒険が展開。そして謎に包まれていたジャックの過去も明らかに!?ジャックへの復讐に生きる“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)、かつて冒険の末幽霊船に閉じ込められたウィル・ターナーの息子ヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)など、魅力的な新キャラクターたちも見逃せない一本だ。7月1日(土)より全国ロードショー。

■日本生まれ・アメリカ育ちの戦隊ヒーローが大作として甦る!『パワーレンジャー』
日本の特撮シリーズ「スーパー戦隊」シリーズを英語版ローカライズしたテレビドラマを、最新技術で映画化したアクション大作。紀元前にとある戦士たちによって危機から救われた地球で、時を経て普通の高校生5人に超人的なパワーを授けられ、彼らに再び世界の運命が託される。果たして5人は自らの運命を受け入れ、新たな“パワーレンジャー”として世界を救うことができるのか!?赤・青・黄・ピンク・黒のカラー別のコスチュームや、人気コメディ俳優ビル・ヘイダーが声を演じるおしゃべりロボット「アルファ5」のマスコット感など、どこか懐かしさを感じさせる要素も楽しみな新作だ。7月15日(土)より全国ロードショー。

■正義の戦士オプティマスが破壊者に変貌!?『トランスフォーマー/最後の騎士王』
地球上に存在するあらゆるマシンに変形する金属生命体「トランスフォーマー」たちのバトルを描いた、人気シリーズ5作目。人類とトランスフォーマーの戦いが激化するなか、正義の集団オートボットのリーダーとなったバンブルビーの前に、前作で消息を絶ったオプティマスが最強の敵として現れる!トランスフォーマーと地球の歴史にかかわる秘密をめぐるストーリー、そしてシリーズ恒例の壮絶すぎるアクションや大破壊シーンも満載。前作に主演したマーク・ウォールバーグをはじめ、アンソニー・ホプキンスや『ワイルド・スピード』シリーズのタイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチなど新旧キャストの共演も見所だ。8月4日(金)より全国ロードショー。

そして夏を締めくくる一作、あの「スパイダーマン」の新たなシリーズがついに8月に公開となる。

■今度のスパイダーマンは、アベンジャーズに憧れる15歳の高校生!『スパイダーマン:ホームカミング』
世界中を熱狂させてきた『スパイダーマン』が、待望の新シリーズとして始動!今回のスパイダーマン/ピーター・パーカーは、なんと普通に学校に通う15歳の高校生。あのアイアンマン/トニー・スタークを師匠とし、最強チーム「アベンジャーズ」に憧れるも、ベースは宿題や恋に四苦八苦するピュアなティーンである…という新鮮なキャラクターだ。おなじみのクモの糸を飛ばす特技だけでなく、アイアンマンによって作られた特殊スーツによって披露される、驚きの秘密機能の数々も必見!誰しもがかつて経験したであろう「ヒーローに憧れる未熟な10代」が、戦いや青春の日々を経て成長していく姿には、思わず共感すること間違いなしだ。そんな新生スパイダーマンに大抜擢されたのは、21歳の若手俳優トム・ホランド。等身大のティーンを生き生きと演じながら、圧倒的身体能力で華麗なアクションも披露し、その実力はアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.も太鼓判を押すほど。かっこいいのに親しみやすい、新感覚のスパイダーマンはとにかく必見!8月11日(金)より全国ロードショー。

話題の洋画が次々と公開。暑い夏は涼しい映画館で映画を楽しもう!

新シリーズとして始動する『スパイダーマン:ホームカミング』 (c) Marvel Studios 2017. (c) 2017 CTMG. All Rights Reserved.