学生の窓口編集部

写真拡大

大学の授業は高校までの授業とは異なる点がたくさんあります。まず、自分で受ける授業を選ばなくてはいけないというところが大きな違いでしょう。友人や先輩から、いい授業はどれかについて情報収集する人も多いと思います。では、学生にとっての「いい授業」とはどのような授業なのでしょうか? いい授業の条件について聞いてみました。

■あなたが考える「いい授業」の条件はなんですか?

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

第1位「授業内容がおもしろくてわくわくする」168人(42.5%)
第2位「専門分野を研究する上で重要な内容になっている」57人(14.4%)
第3位「授業内容が実生活に活かせる内容になっている」24人(12.1%)
第4位「単位が取りやすい」28人(7.1%)
第5位「授業の目的が明確」24人(6.1%)

●第1位「授業内容がおもしろくてわくわくする」

・難しくてもわかりやすい授業だと好きになることはたくさんある(女性/25歳/短大・専門学校生)
・つまらないと話が頭に入ってこないから(男性/23歳/大学院生)
・聞きたくなるような授業がいい(女性/18歳/大学1年生)
・おもしろくないと聞く気にならないから(男性/19歳/大学2年生)

●第2位「専門分野を研究する上で重要な内容になっている」

・卒論に繋がるから(女性/22歳/大学4年生)
・国家試験に役に立つから(女性/22歳/大学4年生)
・ゼミや、専攻において重要なテーマだとやる気が出るから(女性/20歳/大学2年生)
・専門の内容に結び付くことが大切だと思うから(男性/21歳/大学3年生)

●第3位「授業内容が実生活に活かせる内容になっている」

・役立つ内容だとよりやる気が出るから(女性/20歳/大学2年生)
・普段の生活や将来に役立つと思うから(女性/19歳/短大・専門学校生)
・雑談しない教授がいい。将来のことを考えて授業をする教授はいいと思う(男性/25歳/大学院生)
・もっと勉強したいと思えるから(男性/22歳/大学4年生)

●第4位「単位が取りやすい」

・単位を取らないと卒業できないから(男性/20歳/大学3年生)
・楽しくても単位が取れないと意味がないから(女性/21歳/大学4年生)
・とりあえず単位があれば卒業ができる(男性/22歳/大学4年生)
・単位取れないと卒業できない。授業では簡単な問題しか取り上げないくせに、テストでは応用問題ばかり出す先生がいる。その先生は落とすことで有名でみんなに嫌われている(女性/20歳/大学2年生)

●第5位「授業の目的が明確」

・曖昧だと何のためにやっているかわからないから(男性/19歳/大学1年生)
・何やっているのかわからないような授業を聞いても時間の無駄だと思うから(男性/19歳/大学2年生)
・論点が不明瞭な授業は生徒にとってためにならない。おもしろいおもしろくない以前の話(女性/22歳/大学4年生)
・国家資格取得が前提なのでちゃんとしてくださいと思うことがある(男性/21歳/短大・専門学校生)

2位と3位は自分にとってどれだけ有益な授業であるかということですね。特に専門分野は将来につながる内容が多いので、関心が高いのだと思います。

1位の「授業内容がおもしろい」をあげている学生は全体の約半数に上っています。2位の専門性と3位の実生活に役立つ内容を合わせると、いかに興味を持って授業に臨めるか、やる気につながるか、という点を重視している学生が多いかということがよくわかる結果となりました。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年6月
調査人数:大学生男女395人(男子大学生200人 女子大学生195人)